pagetop

本 巣鴨獄中記 宰相米内光政を支えた海軍大佐の茨の道

ほしい!に追加 twitter
本-巣鴨獄中記 宰相米内光政を支えた海軍大佐の茨の道
著者: 実松譲 (著)
定価 ¥1,028(税込)
BOOKFANポイント: 47 pt
or
Tポイント: 28 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)

商品情報

出版社名
光人社
シリーズ名
光人社NF文庫 さN-605
発行年月
2009年 05月
ISBNコード
9784769826057
版型
--
ページ数
488P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ
0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

実松譲 OFF

内容紹介

その十二年余の歴史の中で四千数百人の戦争犯罪人容疑者が拘禁され、六十人が処刑台の露と消えたスガモ・プリズン―太平洋戦争敗戦の象徴であり、その残滓ともいうべき知られざる足跡を描く。
戦犯の名の下に運命を弄ばれた海軍大佐が昭和三十三年までの自らの鉄窓生活を綴り、日々の日課から労働、食事、娯楽まで、獄中生活と死刑囚たちの心情にまで迫る。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

第1章 鉄窓(運命の門/独房/雑房/日課/食事/衣類と寝具/日用品/入浴/散髪/散歩/面会/手紙/巣鴨塾/娯楽)/第2章 重労働(特徴/種類/職場の声)/第3章 死との対決(絞首刑/死刑囚の明け暮れ/運命の木曜日/最後の晩餐/死出の演劇/一週間の命なか/生の苦しみ/生のよろこび/忘れられぬ人びと)/第4章 試練の嵐(希望的観測とデマ/忍苦/淡い希望/春いまだし/裏切った平和条約/切られた最後の頼みの綱/虚脱・焦燥/つるの焦燥感/実質的解放めざして/さらばスガモよ)/第5章 秘話(しおきば/殉国七士墓/久保山供養塔/東条英機と観音経/法と現実の板挟み/同胞愛/人情の花束/戦犯余聞/笑話日記)

著者情報

実松 譲
明治35年、佐賀県武雄市に生まれる。海兵51期、海大卒。プリンストン大学留学。「五十鈴」航海長をへて海軍省副官兼大臣秘書官(米内光政)となる。開戦時、在米海軍武官補佐官としてワシントンに駐在。交換船で帰朝後は、大本営海軍参謀兼海軍大学校教官。元海軍大佐。戦史研究家。平成8年、歿(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
大量一括注文窓口はこちら!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
特集一覧へ
ジャンルランキング

新書・文庫のランキング

リバース

湊かなえ(著)


日本の近代とは何であったか 問題史的考察

三谷太一郎(著)


捨てられる銀行 2

橋本卓典(著)


ランキング一覧へ