pagetop

本 修羅の翼 零戦特攻隊員の真情

ほしい!に追加 twitter
本-修羅の翼 零戦特攻隊員の真情
著者: 角田和男 (著)
定価 ¥1,080(税込)
BOOKFANポイント: 50 pt
or
Tポイント: 30 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 光人社
シリーズ名 光人社NF文庫 つN-585
発行年月 2008年 10月
ISBNコード 9784769825852
版型 --
ページ数 528P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

角田和男 OFF

内容紹介

『直掩隊は爆装隊の楯となって、全弾身に受けて爆装隊を進めよ』あまりにも非情な命令のもと、直掩機のベテラン搭乗員が見た爆装機突入のその瞬間!笑って征くかのごとき特攻隊員がかいま見せる素顔と苦悩に心を痛めつつ、自らも爆装隊員となった零戦パイロットが克明に綴ったありのままの戦争!遺骨なき戦友に捧げる鎮魂の譜。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

第1章 予科練・回想の翼/第2章 零戦・若き翼/第3章 ラバウル・死闘の翼/第4章 硫黄島・炎の翼/第5章 レイテ・修羅の翼/第6章 敗戦・折れた翼/付章 特攻断章

著者情報

角田 和男
大正7年、千葉県生まれ。昭和9年6月、第5期予科練習生(のち乙種飛行予科練習生と改称)として、横須賀海軍航空隊に入隊、13年3月、飛行練習生教程卒業。その後、戦闘機操縦員として空母蒼龍乗組時、中国戦線で初陣、15年1月には12空にて漢口に進出、零戦で初撃墜を記録。17年4月、海軍飛行兵曹長。8月、2空分隊士としてラバウルに進出、以後10ヵ月にわたりソロモン航空戦を戦う。厚木空教員配置を経て19年3月より252空に転じ、硫黄島上空の熾烈な防空戦を経験。10月、フィリピンに進出、特攻直掩に出撃を重ね、飛行機を失って台湾に脱出後、同地で特攻隊員として終戦を迎える。終戦時、海軍中尉。戦後は、茨城県の開拓地に入植、農業を営む傍ら、戦死したかつての部下、戦友らの慰霊の行脚を続けている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ
ジャンルランキング

新書・文庫のランキング

雪煙チェイス

東野圭吾(著)


働く男

星野源(著)


首折り男のための協奏曲

伊坂幸太郎(著)


ランキング一覧へ