pagetop

本 ガダルカナル勝者と敗者の研究 日米の比較文明論的戦訓

ほしい!に追加 twitter
本-ガダルカナル勝者と敗者の研究 日米の比較文明論的戦訓
著者: 森本忠夫 (著)
定価 ¥802(税込)
BOOKFANポイント: 37 pt
or
Tポイント: 22 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 光人社
シリーズ名 光人社NF文庫 もN-570
発行年月 2008年 05月
ISBNコード 9784769825708
版型 --
ページ数 317P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

森本忠夫 OFF

内容紹介

群青の海を、人跡未踏の峨々たる山脈を、ジャングルの繁茂する瘴癘の大地を血に染め、太平洋戦争の一大転回点となったガダルカナル戦。
常に後手をふむ日本と危機管理の術策を心得ているアメリカ。
両国の戦争指導部の戦略、戦術、戦策、戦法の相違が示された同会戦を、新たな方法論的観点から描くノンフィクション。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

第1章 幻想の戦略/第2章 大いなる遠謀―「望楼作戦」を含む三つの作戦段階 連合軍「攻勢防御」へ/第3章 大海嘯と土塁―連合軍 ガダルカナル島・ツラギ島上陸/第4章 蒼空の壁/第5章 鉄底海峡の業火―「第一次ソロモン海戦」日本海軍の戦術的圧勝/第6章 兵力温存用兵と戦略的無行為―戦場撤収の論理/補論 会戦の総括

著者情報

森本 忠夫
1926年、京都に生まれる。1952年、京都大学経済学部を卒業と同時に東洋レーヨン(現東レ)に入社。東レ取締役、東レ経営研究所社長を経て、のち、龍谷大学経済学部教授。戦時中は海軍航空隊員として太平洋戦争に従軍(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ
ジャンルランキング

新書・文庫のランキング

雪煙チェイス

東野圭吾(著)


働く男

星野源(著)


首折り男のための協奏曲

伊坂幸太郎(著)


ランキング一覧へ