pagetop

本 沖縄県民斯ク戦ヘリ 大田実海軍中将一家の昭和史

ほしい!に追加 twitter
本-沖縄県民斯ク戦ヘリ 大田実海軍中将一家の昭和史
著者: 田村洋三 (著)
定価 ¥1,059(税込)
BOOKFANポイント: 49 pt
or
Tポイント: 29 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)

商品情報

出版社名
光人社
シリーズ名
光人社NF文庫 たN-537
発行年月
2007年 07月
ISBNコード
9784769825371
版型
--
ページ数
561P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ
0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

田村洋三 OFF

内容紹介

沖縄戦の実情と県民のひたむきな姿勢をつぶさに見て、沖縄方面根拠地隊司令・大田中将が自決直前に認めた感謝の電文「沖縄県民斯ク戦ヘリ、県民ニ対シ後世特別ノ御高配ヲ賜ランコトヲ…」今も沖縄の人々の心に残る温情の海軍提督の豊かな人間性と彼が培った家族の歩みを描き戦いの空しさを謳う感動の話題作。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

落合海将補/白南風の家/岩尾の身/白い挙手/民の子にて候/武人とその妻/戦雲暗く/家の中の海軍/文武二道/川原石の家/幻の二連特/八連特司令官/八連特戦記/ムンダの苦闘/コロンバンガラで/海軍歩兵少将/大ナル過失/沖根司令官/秋水ヲ払ヒテ/沖縄戦/前線へ送る夕/小禄の死闘/沖縄県民斯ク戦ヘリ/大田中将の死/必死モングリ/とん/火番森に塔を/それぞれの沖縄/大田中将の遺産

著者情報

田村 洋三
1931年、大阪府吹田市生まれ。同志社大学文学部卒。読売新聞大阪本社社会部次長、写真部長、社会部長、編集局次長、編集委員を歴任。1993年、定年退職。現在、ノンフィクション作家。編著書に『新聞記者が語りつぐ戦争』(全30巻、読売新聞社など刊、85年、第33回菊池寛賞受賞)、『ざわわざわわの沖縄戦―サトウキビ畑の慟哭』(光人社、2006年度平和・協同ジャーナリスト基金賞奨励賞)などがある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
大量一括注文窓口はこちら!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
特集一覧へ
ジャンルランキング

新書・文庫のランキング

忍物語

西尾維新(著)


君の膵臓をたべたい

住野よる(著)


応仁の乱 戦国時代を生んだ大乱

呉座勇一(著)


ランキング一覧へ