pagetop

本 ラバウル戦犯弁護人 報復裁判に立ち向かった日本人

ほしい!に追加 twitter
本-ラバウル戦犯弁護人 報復裁判に立ち向かった日本人
著者: 松浦義教 (著)
定価 ¥987(税込)
BOOKFANポイント: 45 pt
or
Tポイント: 27 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)

商品情報

出版社名
光人社
シリーズ名
光人社NF文庫 まN-508
発行年月
2006年 10月
ISBNコード
9784769825081
版型
--
ページ数
445P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ
0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

松浦義教 OFF

目次

戦犯裁判の始まる前夜/戦犯裁判の苛烈さに直面する/戦犯法廷内外の種々相/続けざまの死刑執行―人々はいかに死んでいったか/戦犯の坩堝の中で/今村将軍の苦衷とさむらいたちの願い/ラバウルの自然と豪軍将校との交流/逝くもの還るもの/ラバウル戦犯裁判情勢転換の兆し/戦犯裁判初期の酷烈さ/帰国の決意と最後の責務/筑紫丸入港す・復員航路/その後の戦犯事情

著者情報

松浦 義教
明治41年4月、山口県萩市に生まれる。大正11年4月、熊本陸軍幼年学校入校。昭和4年10月、陸軍士官学校卒業。少尉任官。在学中、東京大学でインド哲学を学ぶ。参謀本部第5課勤務を経て10年、仙台陸軍教導学校勤務。11年、二・二六事件に連座した疑いで東京陸軍刑務所に収監。5ヵ月後に釈放される。12年8月、満州・東寧、ソ満偵察班長に任命。13年、国境守備隊中隊長を経て14年、第3軍参謀部(牡丹江)勤務。16年、陸軍大学専科入学。18年、38師団参謀としてラバウルに派遣される。21年、連合軍指令により現地で戦犯弁護人を務める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
大量一括注文窓口はこちら!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
特集一覧へ
ジャンルランキング

新書・文庫のランキング

リバース

湊かなえ(著)


君の膵臓をたべたい

住野よる(著)


捨てられる銀行 2

橋本卓典(著)


ランキング一覧へ