pagetop

本 技術中将の日米戦争 陸軍の俊才テクノクラート秋山徳三郎

ほしい!に追加 twitter
本-技術中将の日米戦争 陸軍の俊才テクノクラート秋山徳三郎
著者: 石井正紀 (著)
定価 ¥740(税込)
BOOKFANポイント: 34 pt
or
Tポイント: 20 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 光人社
シリーズ名 光人社NF文庫 いN-505
発行年月 2006年 09月
ISBNコード 9784769825050
版型 --
ページ数 263P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

石井正紀 OFF

内容紹介

『米軍が一週間で飛行場をつくるなら、我軍は三日で何とかすることを考えろ』太平洋戦争とは、日米間の土木技術力の戦いでもあった。
東大工学部を卒業し、工兵のエリートコースを歩み、近代化の遅れていた日本陸軍に機械化導入を図る秋山中将の戦い―軍事技術官僚として国の将来を見つめた幅広い人間性を描く。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

第1章 志操堅固にして粋な人(八キロの道を歩いて/軍人を志した優等生/工兵第十大隊の士官候補生/軍事技術者に徹する思い/サーベルを下げた東大生)/第2章 多彩な人脈を誇って(花の陸士二十四期生/エリート以外の人脈にも恵まれて/技術者重用を説く軍人がいた/技術者が軽んじられた陸軍にあって)/第3章 陸軍での数々の事績(土木技術者として/技術駐在官としての使命/陸軍のテクノクラートとして/その他の業績)/第4章 秋山徳三郎の太平洋戦争(山本五十六長官との会談/苦悩の果ての飛行場建設/拙速だったわが国初の機械化部隊/飛行場設定練習部の発足と事績/結局は海蜂の群れに負けた日本軍/戦前の日本に建設機械はなかったか)/第5章 不死鳥は舞い上がった(米軍ウルフ司令官との交誼/挫折感と家族とのきずな/会社経営の陣頭に立って)

著者情報

石井 正紀
昭和12年、東京品川に生まれる。早稲田大学第一理工学部建築学科卒業。千代田化工建設(株)、千代田テクノエース(株)を経て、現在、石井正紀技術士事務所を主宰。在社中は主としてプラントの建設に従事し、エクアドル、サウジアラビア、アルジェリアに長期滞在する。現在もウズベキスタンの鉄骨橋梁会社の技術指導のため、同国との間を往き来している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ
ジャンルランキング

新書・文庫のランキング

雪煙チェイス

東野圭吾(著)


働く男

星野源(著)


首折り男のための協奏曲

伊坂幸太郎(著)


ランキング一覧へ