pagetop

本 憲兵 元・東部憲兵隊司令官の自伝的回想

ほしい!に追加 twitter
本-憲兵 元・東部憲兵隊司令官の自伝的回想
著者: 大谷敬二郎 (著)
定価 ¥936(税込)
BOOKFANポイント: 43 pt
or
Tポイント: 26 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 光人社
シリーズ名 光人社NF文庫 おN-499
発行年月 2006年 07月
ISBNコード 9784769824992
版型 --
ページ数 401P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

大谷敬二郎 OFF

内容紹介

軍国主義、軍閥の糾弾とともに、憲兵は昭和の権力悪の象徴として、戦後日本に広く定着した―しかし、憲兵の本来の任務は軍事警察であり、監軍護法の下に軍人・軍隊が行なう“悪業”にたいし、鉄槌を下すことであった。
十六年に渡る軍人警察官が実見した激動期の舞台裏と戦時下国民の偽りなき声を伝える話題作。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

満州事変勃発の前後―関東軍と関東憲兵隊/軍都千葉―時局に動く将校たち/戒厳司令部の幕僚たち―事件捜査の裏におどる/暗黒裁判に思う―つぶさに世情を体感して/反軍のひととき―国民の目は正しい/奇妙な警察務―狂人二題/万歳に沸く兵営街―応召兵の二つの窃盗事犯/国外に追放された男―浅原健三を中心として/排英運動の高まり―そのこれを動かすもの/政治の中の憲兵―その反省と痛恨/スパイ物語二題―潜入スパイとデッチ上げスパイ/南方占領地軍政に干与して―現在民政策の反省など/戦争末期の朝鮮―戦争が与えた傷跡は深い/空襲と共に東京へ―本土戦場化とその警察/殺人光線にからまる「科研」騒動―大発明家か大詐欺漢か/敗戦と憲兵の終焉―その悲惨なる末路

著者情報

大谷 敬二郎
1897年、滋賀県に生まれる。1919年、陸軍士官学校卒。1930年、憲兵科に転科。1938年、東京憲兵隊特高課長、1944年、東京憲兵隊長、1945年、東部憲兵隊司令官を歴任する(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ
ジャンルランキング

新書・文庫のランキング

雪煙チェイス

東野圭吾(著)


首折り男のための協奏曲

伊坂幸太郎(著)


そして生活はつづく

星野源(著)


ランキング一覧へ