pagetop

本 陸軍良識派の研究 見落とされた昭和人物伝 新装版

ほしい!に追加 twitter
本-陸軍良識派の研究 見落とされた昭和人物伝 新装版
著者: 保阪正康 (著)
定価 ¥812(税込)
BOOKFANポイント: 37 pt
or
Tポイント: 22 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 潮書房光人社
シリーズ名 光人社NF文庫 ほN-450
発行年月 2013年 07月
ISBNコード 9784769824503
版型 --
ページ数 254P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

保阪正康 OFF

内容紹介

軍隊という組織にあって、己れの生命を国家に捧げることを本義とする職人軍人。
その反理性、反知性たる枠組の中に身を置きながらも、時代状況、国際的位置、軍事能力などを客観的に捉え、見極め、時流に抗してもみずからの信条に従って使命遂行に奔命した男の戦い。
理性的な軍人たちの系譜とその実像に迫る話題作。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

第1部 陸軍良識派の意味とその系譜(良識派の軍人像を考える/参謀本部の作戦参謀を検証する)/第2部 良識派軍人の実像とその発想(石原莞爾(日中戦争時の第一部長)/武藤章(日米開戦時の軍務局長)/今村均(自らに責任を課した軍人)/渡辺錠太郎(二・二六事件で斬殺された硬骨軍人)/下村定(陸軍解体の見届け役をつとめた陸相)/河辺虎四郎(統帥の崩壊に立ち会った参謀次長)/宮崎/繁三郎(インパール製・最後尾から撤退した人格者指揮官)/辰己栄一(対英非戦を訴えた駐在武官)/石井秋穂(日米開戦に苦悩した政治将校)/堀栄三(独自の情報哲学をもった情報参謀))/第3部 昭和陸軍の実像をどう伝えるか(一木支隊の兵士とその現在/戦後の宰相・吉田茂が見た昭和陸軍論)

著者情報

保阪 正康
評論家。ノンフィクション研究家。1939年、札幌市生まれ。同志社大学文学部社会学科卒。出版社勤務を経て著述活動に入る。日本近代史(とくに昭和史)の実証的研究、医学・医療の分野を検証する作品を発表している。個人誌「昭和史講座」(年2回刊)を主宰。函館大学客員教授も務めている。第52回菊池寛賞受賞

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ
ジャンルランキング

新書・文庫のランキング

雪煙チェイス

東野圭吾(著)


ストライク・ザ・ブラッド 16

三雲岳斗(著)


アクセル・ワールド 21

川原礫(著)


ランキング一覧へ