pagetop

本 激闘レイテ沖海戦 提督ブル・ハルゼーと栗田健男

ほしい!に追加 twitter
本-激闘レイテ沖海戦 提督ブル・ハルゼーと栗田健男
著者: 江戸雄介 (著)
定価 ¥637(税込)
BOOKFANポイント: 29 pt
or
Tポイント: 17 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)

商品情報

出版社名
光人社
シリーズ名
光人社NF文庫
発行年月
2002年 02月
ISBNコード
9784769823360
版型
--
ページ数
229P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ
0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

江戸雄介 OFF

内容紹介

勝利か敗北か―指揮官の責任とは何か。
国際経済ジャーナリストの目がとらえた史上最大の日米決戦の真実。
国家の存亡を賭けて対峙した日米両艦隊は、いかに雌雄を決したのか。
また生と死の関頭に立ち、日米の指揮官はどう考え、将兵はいかに戦ったのか。
日米両軍の動きを対比させながら描く新視点の太平洋海戦記。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

序章 巨砲、火を吹く/第1章 硫黄島の砂/第2章 レイテの山野/第3章 勝利か滅亡か/第4章 全軍突撃せよ/第5章 最後の大海戦/第6章 同期の桜

著者情報

江戸 雄介
1926年、横浜市に生まれる。横浜商業、早稲田大学を経て1947年、昭和電工に入社。3年後、貿易をこころざし、占領下のため外資系商社に勤務し、比島賠償貿易で活躍。その後、ベトナム特需や中東産油国勤務など、戦後日本の国際的巨大プロジェクトの中心にことごとく参加する。通算海外業務36年、世界38ヵ国に通じる。現役最古参の国際ビジネスマンとして、また先端産業のコンサルタントとして現在も活躍している。国際経済ジャーナリストとして、「ベクテル社の陰謀」「悪の石油メジャー謀略」「戦略国家アメリカが倒産する日」「知的所有権ビジネスの衝撃」/「夕日のミッドウェー」(光人社)など、多数の著書がある

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
大量一括注文窓口はこちら!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
特集一覧へ