pagetop

本 最後の関東軍 勝どきの旗のもとに 新装版

ほしい!に追加 twitter
本-最後の関東軍 勝どきの旗のもとに 新装版
著者: 佐藤和正 (著)
定価 ¥791(税込)
BOOKFANポイント: 36 pt
or
Tポイント: 21 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)

商品情報

出版社名
光人社
シリーズ名
光人社NF文庫 さN-296
発行年月
2008年 10月
ISBNコード
9784769822967
版型
--
ページ数
286P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ
0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

佐藤和正 OFF

内容紹介

昭和二十年八月九日午前零時、満州領内に怒涛のごとく進入したソ連機甲部隊。
その猛攻に屈することなく、終戦をも知らず、十八日間におよぶ死闘を堅牢な地下要塞に拠って展開した国境守備隊―敗北をかさねた日本軍の中で、ソ連の進出を一歩も許さず、ついに“勝利”を収めた関東軍精鋭の戦いを描いた感動作。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

第1章 国境線(第一地区・八月八日)/第2章 陣地進入(第一地区・八月九日)/第3章 撤退命令(第三地区・八月九日)/第4章 司令部転進(第四地区・八月九日~十日)/第5章 陣地戦(第一地区・八月十日~十四日)/第6章 逃避行(第三地区・八月十日~十四日)/第7章 玉砕戦(第四地区・八月十日~十三日)/第8章 停戦勧告(第一地区・八月十四日~十七日)/第9章 奇襲戦(第一地区・八月十八日~二十四日)/第10章 勝どきの旗(第一地区・八月二十四日~二十六日)

著者情報

佐藤 和正
昭和7年、北海道に生まれる。満州国新京特別市(現在の長春市)で終戦を迎える。日本大学芸術学部を卒業、河出書房入社。昭和37年より文筆活動に入り、ノンフィクションを中心に執筆。平成3年10月歿(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
大量一括注文窓口はこちら!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
特集一覧へ
ジャンルランキング

新書・文庫のランキング

君の膵臓をたべたい

住野よる(著)


リバース

湊かなえ(著)


儒教に支配された中国人と韓国人の悲劇

ケント・ギルバート(著)


ランキング一覧へ