pagetop

本 指揮官と参謀 その思考と行動に見る功罪 新装版

ほしい!に追加 twitter
本-指揮官と参謀 その思考と行動に見る功罪 新装版
著者: 吉田俊雄 (著)
定価 ¥750(税込)
BOOKFANポイント: 34 pt
or
Tポイント: 20 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 光人社
シリーズ名 光人社NF文庫 よN-23
発行年月 2007年 05月
ISBNコード 9784769820239
版型 --
ページ数 277P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

吉田俊雄 OFF

内容紹介

戦いは人なり―海軍トップ集団の人材たちは、適材適所に配置され、またその職責を十二分に果たしえたのか。
作戦の帰趨を決するリーダーの性格、能力、識量、勇気はどうだったのか。
山本五十六ら十五人の“海軍の頭脳”たちを俎上にのせ、縦横無尽、単刀直入にその功罪を明らかにした現代人に贈る異色人物伝。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

1 先見性 山本五十六―艦隊決戦から航空主兵の時代へ/2 年功序列 山本五十六と小沢治三郎―悲劇に彩られた二人の司令長官/3 上将と猛将 山本五十六とハルゼー―太平洋で睨みあった異色の好敵手/4 適材適所 南雲忠一―難局で問われた指揮官の真価/5 逆境 山口多聞・角田覚治・大西瀧治郎―退勢挽回をはかった三人の提督/6 決断 栗田健男―沈黙の提督、レイテに突入せず/7 責任感 西村祥治―水雷屋提督、スリガオに死す/8 指揮官先頭 村田重治と江草隆繁―海軍魂をもった二人の猛将の最後/9 参謀の条件 宇垣纒・福留繁・草鹿龍之介・矢野志加三―連合艦隊司令長官と四人の参謀長

著者情報

吉田 俊雄
明治42年、佐世保に生まれる。昭和2年、海軍兵学校に入学、第59期。海大選科学生。蘭領東印度出張。米内光政、嶋田繁太郎、永野修身らの副官をつとめる。日米開戦前より軍令部第三部勤務、昭和18年より軍令部員・大本営海軍参謀。終戦時は中佐。平成18年12月、歿(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ
ジャンルランキング

新書・文庫のランキング

雪煙チェイス

東野圭吾(著)


ストライク・ザ・ブラッド 16

三雲岳斗(著)


アクセル・ワールド 21

川原礫(著)


ランキング一覧へ