pagetop

本 ルソン戦線最後の生還兵 マニラ陸軍航空廠兵士の比島山岳戦記

ほしい!に追加 twitter
本-ルソン戦線最後の生還兵 マニラ陸軍航空廠兵士の比島山岳戦記
著者: 高橋秀治 (著)
定価 ¥1,944(税込)
BOOKFANポイント: 90 pt
or
Tポイント: 54 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 光人社
発行年月 2009年 06月
ISBNコード 9784769814337
版型 --
ページ数 255P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

高橋秀治 OFF

内容紹介

ルソン北部の密林下、何度も生死の境を乗り越えた一日本兵の過酷な戦争。
マラリア、アメーバ赤痢が蔓延し、米軍の砲爆撃に晒された山岳地帯で、最期まで戦い抜いた兵士の証言。
力尽きて斃れた戦友たちのレクイエム。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

プロローグ 最期の弔砲/第1章 馬尼刺航空廠への道/第2章 長距離砲の砲声/第3章 密林の中の敗走/第4章 日本軍の降伏/第5章 捕虜収容所/第6章 望郷の日日/エピローグ 懐かしき故郷

著者情報

高橋 秀治
大正9年12月、島根県松江市に生まれる。昭和17年6月17日、現役兵として中部第96部隊に入営。12月31日、ニューブリテン島ラバウル上陸、第22飛行場大隊に赴く。昭和18年1月4日、18号作戦のためラバウルを出港、8日、ニューギニア島ラエに上陸。ラエ飛行場勤務。6月1日、上等兵。9月16日、豪軍が上陸し転進のためラエを出発。10月17日、サラワケットを越えキアリを経てマダンに到着。11月22日、中支那主計下士官候補者隊(南京)入隊のためニューギニア島ウエワク港出発。昭和19年1月17日、南京成賢部隊に到着。2月5日、マラリアのため南京第一陸軍病院に入院、3月10日退院。5月31日、教育終了、6月1日、主計伍長。6月10日、原隊復帰のため上海港出発、15日、高雄港上陸。20日、屏東飛行場を出発しマニラ飛行場到着。第4航空軍経理部営繕科附。昭和20年4月7日、マニラ航空廠附。7月14日、第百五師団経理部附。7月15日、主計軍曹。9月14日、武装解除、カランバン地区収容所に入所。昭和21年10月8日、マニラ港出港、17日、名古屋上陸。20日、復員証明を受け除隊。平成19年1月28日没(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ