pagetop

本 米内光政正伝 海軍大将 肝脳を国の未来に捧げ尽くした一軍人政治家の生涯

ほしい!に追加 twitter
本-米内光政正伝 海軍大将 肝脳を国の未来に捧げ尽くした一軍人政治家の生涯
著者: 実松譲 (著)
定価 ¥2,484(税込)
BOOKFANポイント: 115 pt
or
Tポイント: 69 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 光人社
発行年月 2009年 02月
ISBNコード 9784769814191
版型 --
ページ数 443P
平均評価
(4)
: 0件
: 1件
: 0件
: 0件
: 0件
ブクレポ 1件

新刊お知らせ登録一覧へ »

実松譲 OFF

内容紹介

日本敗戦時、自らの血圧260を超ゆるも国と天皇の要請に応え、日本陸軍の徹底抗戦に身命を賭して抗しつづけ、日本本土決戦を回避し、本土決戦時に想定された日米両軍の将兵、及び日本国民数百万人の生命と産とを守った希有な一軍人政治家の生涯。
往時の秘書官が慈愛をこめて綴った一軍人の生涯。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

出会い/母と子/蘆溝橋/下剋上/暴走/大御心/霞ヶ関/分岐点/立往生/西園寺/嵐の前/聖断/永訣

著者情報

実松 譲
明治35年、佐賀県武雄市に生まれる。海兵51期、海大卒。プリンストン大学留学。「五十鈴」航海長をへて海軍省副官兼大臣秘書官(米内光政)となる。開戦時、在米海軍武官補佐官としてワシントンに駐在。交換船で帰朝後は、大本営海軍参謀兼海軍大学校教官。元海軍大佐。戦史研究家。平成8年、歿(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ブクレポ  ( ブクレポについて

ニックネーム: hi2515 投稿日:2012/07/31

日本人としての義

恥ずかしながら、私はこの方を知らずにおりました。

日本海軍と言えばやはり山本五十六が余りにも有名ですし、氏は自分が実は身を投じたかった海軍と言う役割から離れ海軍大臣を務め、第二次世界大戦に突入する事を憂いその回避の為にその責務に邁進した方です。

愚直なまでに純粋で寡黙。岩手県出身と言うだけにその忍… >>続きを読む
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ
ジャンルランキング

教育・資格検定のランキング

見てる、知ってる、考えてる

中島芭旺(著)


公式TOEIC Listening & Reading問題集 1

EducationalTestingService(著)


「カエルの楽園」が地獄と化す日

百田尚樹(著)


ランキング一覧へ