pagetop

本 ラバウル艦爆隊始末記

ほしい!に追加 twitter
本-ラバウル艦爆隊始末記
著者: 松浪清 (著)
定価 ¥2,160(税込)
BOOKFANポイント: 100 pt
or
Tポイント: 60 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 光人社
発行年月 2008年 12月
ISBNコード 9784769814115
版型 --
ページ数 317P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

松浪清 OFF

内容紹介

零戦隊、陸攻隊とともにニューギニアの空でソロモンの空で、陸戦掩護に敵艦船攻撃にと出撃した急降下爆撃隊の航跡。
部下を掌握し、隊長、分隊長を補佐して戦いつづけたベテラン搭乗員が、苛酷な空の死闘の実情と若き大空の戦士たちの素顔を伝える。
ブナ敵輸送船団攻撃を皮切りに、ブーゲンビル島沖航空戦まで全力を尽くして戦い抜いた一年四ヵ月の苦闘の記録。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

艦爆隊の攻撃法/ラバウルの空/連合軍の逆襲/改編五八二空艦爆隊/東部ニューギニア戦線/ニューギニア航空戦/「ワレ不時着ス」/ソロモン航空戦/南溟の落日/ブイン基地の追憶/「い」号作戦始末/最後の死闘/決死の爆撃行

著者情報

松浪 清
大正9年、大分市に生まれる。昭和11年6月、第7期乙種予科練習生として横須賀海軍航空隊に入隊。同13年8月、飛行練習生卒業。館山空、大村空、霞ヶ浦空、40空、佐伯空、空母「大鷹」(春日丸)、2空、582空、宇佐空、百里ヶ原空において艦上爆撃機偵察員として勤務。20年5月、海軍少尉。20年9月、復員。30年2月、陸上自衛隊入隊。45年4月、退職。三等陸佐。平成14年7月29日没(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ