pagetop

本 福井静夫著作集 軍艦七十五年回想記 第1巻 新装版

ほしい!に追加 twitter
本-福井静夫著作集 軍艦七十五年回想記 第1巻 新装版
著者: 福井静夫 (著)
阿部安雄 (編)
戸高一成 (編)
定価 ¥2,376(税込)
BOOKFANポイント: 110 pt
or
Tポイント: 66 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 光人社
シリーズ名 福井静夫著作集 1
発行年月 2008年 05月
ISBNコード 9784769813910
版型 --
ページ数 349P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

福井静夫著作集 軍艦七十五年回想記 新装版 OFF
福井静夫 OFF
阿部安雄 OFF
戸高一成 OFF

内容紹介

かつて造船官として軍艦建造に携わった艦艇研究の第一人者の著作を集大成するファン待望の軍艦論集。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

栄光を築いた設計者たち/巨艦時代の前夜―戦艦前史/甲鉄艦建造への夢と憧れ―日清戦争の主力艦/日露戦争の主力艦/日露戦争における両国海軍の戦艦/日露戦争が主力艦におよぼした影響/主力艦国産化への道/弩級時代の到来―英戦艦ドレッドノートの衝撃/大艦巨砲主義の興隆/巡洋戦艦の出現/巨大化する主力艦/日露戦争後の日本戦艦/金剛型の建造/戦艦扶桑型の建造/戦艦伊勢型の建造/日米海軍主力艦の建造競争/米戦艦の技術的特長/戦艦のマスト

著者情報

福井 静夫
大正2年、横浜に生まれる。昭和13年、東大工学部船舶工学科卒、海軍造船中尉任官。昭和19年、海軍技術少佐。その間、横須賀および呉工廠造船部部員、連合艦隊司令部付、技術研究所所員、外地勤務を経て、終戦時、舞鶴工廠富山分工場首席部員兼造船科長。戦後は、第二復員局(造修課および資料課)で艦船造修と艦政本部残務(技術資料作成)に従事し、昭和23年、運輸技官として海上保安庁勤務、昭和27年、退官。以来、財団法人史料調査会で帝国艦艇史の作成ならびに欧米艦艇技術の調査にたずさわり、同調査会理事を勤める。平成5年11月4日歿(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ