pagetop

本 特攻回天戦 回天特攻隊隊長の回想

ほしい!に追加 twitter
本-特攻回天戦 回天特攻隊隊長の回想
著者: 小灘利春 (著)
片岡紀明 (著)
定価 ¥2,484(税込)
BOOKFANポイント: 115 pt
or
Tポイント: 69 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 光人社
発行年月 2006年 11月
ISBNコード 9784769813200
版型 --
ページ数 386P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

小灘利春 OFF
片岡紀明 OFF

内容紹介

潜水学校付の同期7名、うち6名特攻戦死。
ただひとり生き残った海軍士官が「人間魚雷」の構想から用兵・実戦まで、戦局の一挙逆転を計った「回天」戦の全容を初めて明かす海底戦記の決定版。
93式酸素魚雷に手を加えた、人が乗って操縦し敵艦に体当たりする戦略的奇襲兵器“目のある魚雷”とともに生き死んだ“海のサムライ”群像。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

第1部 回天の創生(回天部隊の幕開け/回天の創生/回天生産の遅延/訓練/第1陣出撃)/第2部 局地攻撃の回天隊(菊水隊/金剛隊/千早隊/神武隊)/第3部 航行艦船襲撃の回天隊(第一回天隊(白竜隊)/多々良隊/天武隊/振武隊/轟隊/多聞隊)/第4部 最後の回天隊(「基地回天隊」/海上挺身隊/8月15日、終戦と回天)/エピローグ日本人にとって「回天」とは何であったか

著者情報

小灘 利春
大正12年(1923)広島生まれ。昭和18年(1943)9月、海軍兵学校72期卒業、少尉候補生。同年11月、「足柄」乗組。昭和19年(1944)3月、海軍少尉。9月、海軍中尉、第一特別基地隊付、「回天搭乗員」として大津島分遣隊に配属。昭和20年(1945)3月、特攻隊長兼分隊長教官。5月、「第二回天隊」隊長として八丈島に着任。6月、海軍大尉。8月、終戦。11月、解員、予備役編入。昭和23年(1948)、京都大学農学部水産学科入学、昭和26年(1951)同大学卒業。日本水産株式会社に入社。昭和37年(1962)7月、「回天会」設立。平成4年(1992)、日本水産を退社。平成5年4月、「回天会」を「全国回天会」に改組。以後、会長として「回天」の顕彰に活躍をつづける
片岡 紀明
昭和4年(1929)、東京生まれ。昭和28年(1953)、東京教育大学哲学科卒。昭和59年(1984)、ニッポン放送退社後、人物伝中心の文筆業に(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ
ジャンルランキング

小説・エッセイのランキング

コンビニ人間

村田沙耶香(著)


恋のゴンドラ

東野圭吾(著)


デスマーチからはじまる異世界狂想曲 9

愛七ひろ(著)


ランキング一覧へ