pagetop

本 ニューギニア南海支隊モレスビーの灯

ほしい!に追加 twitter
本-ニューギニア南海支隊モレスビーの灯
著者: 三根生久大 (著)
定価 ¥2,052(税込)
BOOKFANポイント: 95 pt
or
Tポイント: 57 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 光人社
発行年月 2006年 04月
ISBNコード 9784769812944
版型 --
ページ数 266P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

三根生久大 OFF

内容紹介

かつてこの山脈の上空で、日米戦闘機隊の空の決戦が華やかに演じられたがその直下では、食糧も弾薬も水さえも欠乏しながら三週間にわたる米豪軍の猛攻に堪え、戎衣も破れて泥まみれの南海支隊の兵士たちがジャングル内の道なき高峰を攀じて山頂に達しついにモレスビーの灯を眼下に見る。
だが、撤退命令がくだり、ふたたび地獄の戦場をくだっていく。
四千メートル級山岳地帯で展開された稀有、最悪の攻防戦。
無謀な攻略作戦に翻弄され、屍をさらした、日本兵の紙碑。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

第1章 日米激突/第2章 苦心惨憺/第3章 断崖絶壁/第4章 難戦悪闘/第5章 将軍溺死/第6章 撤退命令

著者情報

三根生 久大
1926年東京生まれ。陸軍士官学校在学中、終戦。外務省通訳検定合格後、GHQ(連合国軍総司令部)通訳官。1949年に訪米後、一貫して軍事問題の研究に取り組む。1960年、米国防総省の推薦を得、欧米、極東の各国軍、軍事機関を歴訪、内外に多数の軍事研究論文を発表。ベトナム戦争では、日本人としてただ一人、米国防総省より正式従軍承認を得て、第一線の各作戦に従軍。1973年、総合戦略研究所設立。国際的視野で安全保障問題を鋭く評論する数少ないアメリカ通の国際軍事戦略問題評論家として知られる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ
ジャンルランキング

小説・エッセイのランキング

コンビニ人間

村田沙耶香(著)


最後の秘境東京藝大 天才たちのカオスな日常

二宮敦人(著)


掟上今日子の旅行記

西尾維新(著)


ランキング一覧へ