pagetop

本 日本標的! テロ・誘拐ビジネスの真実 国際テロ・誘拐の実際と対策

ほしい!に追加 twitter
本-日本標的! テロ・誘拐ビジネスの真実 国際テロ・誘拐の実際と対策
著者: 大泉光一 (著)
大泉陽一 (著)
定価 ¥1,728(税込)
BOOKFANポイント: 80 pt
or
Tポイント: 48 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 光人社
発行年月 2004年 04月
ISBNコード 9784769811770
版型 --
ページ数 187P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

大泉光一 OFF
大泉陽一 OFF

内容紹介

国際テロリスト&マフィア次のターゲットは日本か!自衛隊のイラク派遣で日本は危険地帯。
この1冊が、あなたの生命を守る!セキュリティ・マネジメント/危機管理のパイオニア、国際テロ対策の専門家でもある大泉光一が書き下ろす、驚愕のテロ・誘拐ビジネスの実態を検証―その対策の実際を教授。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

第1部 「国際テロの標的にされた日本」(日本のテロ対策の問題点と日本人の危機意識―見直しを迫られる日本の国際テロ対策/日本も国際テロの標的に―日本を守るためのテロ対策術とは/情報とテロリズム/日本へ上陸する恐れのある国際テロ組織―最新情報の分析から)/第2部 「国際犯罪組織の脅威」(日本に上陸する誘拐・脅迫ビジネス―海外の誘拐・脅迫ビジネスから学ぶべきこと/国際犯罪組織の勢力拡大/国内で国際犯罪組織に誘拐されない防御方法)

著者情報

大泉 光一
1943年生まれ。日本大学博士(国際関係)。国立チリ大学客員教授、ペルー国立サン・マルコス大学客員教授、スペイン国立バリャドリード大学客員教授、スペイン国立サンティアゴ・デ・コンポステラ大学大学院客員教授などを経て、1987年より日本大学大学院国際関係研究科教授および日本大学国際関係学部教授。日本におけるセキュリティ・マネジメントおよび危機管理のパイオニアで、危機管理対策・国際テロ対策の専門家として講演やテレビ・ラジオ出演で活躍中
大泉 陽一
メキシコ市生まれ。スペイン国立バリャドリード大学大学院社会学研究科修士課程修了。デウスト大学院(Universidad Deusto Comercial)(西)、Audenial Nantes、Ecole de Management(仏)、Bradford University、Management Centre(英)の3大学院によるヨーロッパ・マネジメントMBAコース修了(MBA)。メキシコ国立貿易銀行(BANCOMEXT)勤務を経て、現在、仏高等国際研究学院(大学院・EHEI)在学中。スペイン国立バリャドリード大学アジア研究センター客員研究員。日本経営教育学会会員

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ