pagetop

本 回想のラバウル航空隊 海軍短現主計科士官の太平洋戦争

ほしい!に追加 twitter
本-回想のラバウル航空隊 海軍短現主計科士官の太平洋戦争
著者: 守屋清 (著)
定価 ¥1,836(税込)
BOOKFANポイント: 85 pt
or
Tポイント: 51 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 光人社
発行年月 2002年 10月
ISBNコード 9784769810735
版型 --
ページ数 251P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

守屋清 OFF

内容紹介

艦戦と艦爆の混成航空隊としてガダルカナル、ニューギニア方面で死闘を繰り返した五八二空。
ラバウル、そして最前線基地ブインで、庶務主任として司令の身近に仕えた主計科士官が、搭乗員や地上員たちの知られざる素顔と戦いの日々をつぶさに綴る異色のソロモン戦記。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

序章 築地の白い鳩/第1章 学窓から海軍へ/第2章 海軍経理学校/第3章 ラバウル赴任/第4章 最前線ブイン/第5章 激戦の日々/第6章 再びラバウルへ/第7章 祖国への道程/第8章 第二郡山航空隊/第9章 終戦まで

著者情報

守屋 清
大正9年、岡山市に生まれる。昭和17年9月、東京帝国大学法学部政治学科卒業。同年10月、海軍主計科短期現役第九期補修学生として海軍経理学校入校。18年1月、海軍主計中尉任官、ソロモン群島第五八二海軍航空隊勤務。その後、第二郡山海軍航空隊、横須賀工廠、大湊工作部虻田分工場に勤務、20年12月、海軍主計大尉で復員。戦後、第六高等学校教官、倉敷レイヨン株式会社(現クラレ)勤務を経て、昭和51年より倉敷市にて、大原美術館役員など多数の地域社会の会社、団体に関与し現在に至る。岡山県ブーゲンビル会会長。倉敷市文化章、山陽新聞社文化功労賞受賞

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ
ジャンルランキング

小説・エッセイのランキング

コンビニ人間

村田沙耶香(著)


最後の秘境東京藝大 天才たちのカオスな日常

二宮敦人(著)


掟上今日子の旅行記

西尾維新(著)


ランキング一覧へ