pagetop

本 大空のサムライ かえらざる零戦隊 新装版

ほしい!に追加 twitter
本-大空のサムライ かえらざる零戦隊 新装版
著者: 坂井三郎 (著)
定価 ¥2,484(税込)
BOOKFANポイント: 115 pt
or
Tポイント: 69 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)

商品情報

出版社名
潮書房光人社
発行年月
1994年 08月
ISBNコード
9784769800002
版型
--
ページ数
--
平均評価
(5)
: 1件
: 0件
: 0件
: 0件
: 0件
ブクレポ
1件

新刊お知らせ登録一覧へ »

坂井三郎 OFF

ブクレポ  ( ブクレポについて

ニックネーム: hi2515 投稿日:2012/07/14

その生を全うすると言うこと

凄い!!!

永遠のゼロの解説の中で亡き児玉清さんが絶賛していたこの本はお恥ずかしながら知らなかったのです。

このコミュニティーでご紹介を頂いた「ベルリン飛行指令」、「永遠のゼロ」を読み進んでゆくうちにゼロ戦、飛行兵にとても興味を持ち(父が少年非行兵を志願していたので)のめり込んでゆく感じが続いている。

坂井さんはゼロ戦を操縦してその戦果に驚き、人によっては自慢話と誤解をしている人々もいる様子もある模様なんだけれど、決してそれは無いと思う。坂井さんが歴戦してきたその過程は太平洋戦争の変遷の模様を如実に伝えている。

父もそうだったけれど、戦争を経験した人々はその話に触れることを嫌う人が多い中晩年、カラオケが流行し譜面に無い戦歌をマイクを離さず歌い続けた父の姿が懐かしく何を思っていたのかと思いをはせる。

伝えなくてはならないと言う使命感もさることながら、平和になった日本の中で異常な時代の中で生きるか死ぬかを生き抜いてきた人々は決して口にしたくないことも多いはずで、それをあえて文章にし、世界の人々から評価されている偉業に敬服する。

戦後、東京裁判と言う過程を経て日本が戦争に取ってきた態度が疑問視されている向きもあるけれど、列強各国が自国の繁栄や利益、自尊心を錦の御旗にどれ程の残酷な行為が繰り返されたことか。。。

まずは戦闘行為の最中に自分愛用のライカで写した写真の気迫たる姿がその異常な世界にあって戦争と言う人を殺すか殺されるかと言う二者択一の選択肢の中での緊張感が伝わり、敵か味方と言う人間の存在を否定した中で繰り広げられる戦闘行為が鬼気迫る迫力で、その瞬時に訪れる人間としての本能との葛藤も経験した人だからこその重みがある。

たまたま、訪れていた東京の遊就館でひさしぶりのゼロ戦とも対面してきましたが、やはり複製だけあってどうしてもその姿はぴんと来ないのだけれどスミソニアン博物館は感じ方が違うと友人に聞き是非行って見たくなってしまった(笑)

紆余曲折を経て念願の飛行兵となった坂井さんのその努力や仲間達の一途なまでの国を思う気持ちを若者に是非読んでもらい自分の中に眠る隠された能力を是非引き出してほしいと結んでいらっしゃいます。

そう言切れるほど氏の創意工夫や勉学に励む態度には頭が下がり世の中の人々は自分に備わる能力の3割も使っていないのではないかと言う話に頷いてしまう。

あの激戦の最中で冷静に物事を鑑み、仲間の死を憂い、負傷を負いながらも尚出陣を願う姿に心がかきむしられる。

そして、生死を共にする仲間の温かさと笑いが私達に救いを与えてくれる。

凄まじいまでの上下関係の厳しさの中で、いじめと言う陰湿さは無く人としての優しさと気品を感じられる。

国を思い、家族を思って散っていった多くの方々に改めて哀悼の意を表したいと思う。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
大量一括注文窓口はこちら!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
特集一覧へ
ジャンルランキング

小説・エッセイのランキング

騎士団長殺し 第1部

村上春樹(著)


騎士団長殺し 第2部

村上春樹(著)


この嘘がばれないうちに

川口俊和(著)


ランキング一覧へ