pagetop

本 確率の悪魔 科学理論と現実のはざま

ほしい!に追加 twitter
本-確率の悪魔 科学理論と現実のはざま
著者: 本田成親 (著)
定価 ¥2,484(税込)
BOOKFANポイント: 115 pt
or
Tポイント: 69 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 工学図書
シリーズ名 K+K press
発行年月 2003年 05月
ISBNコード 9784769204497
版型 --
ページ数 245P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

本田成親 OFF

内容紹介

明日は必ずやって来る―人間は固くそう信じて疑わない。
だからこそ、暦をつくって未来に備えて種をまく。
古くから連綿と繰り返されてきた「無意識的確率行動」である。
一方で、予測へのやみがたい欲求は近代に入って「意識的確率概念」を生み出した。
いまや科学の世界の法則は、数学という非日常的な言語をまとった確率概念があればこそ未来に対して意味をもつ。
だが、日常言語との乖離の結果、「確率論神話」の台頭も避けがたいことだった。
人間の認識能力の限界や悪夢のようなトートロジー(同語反復)…「確率」の意味をいま問い直す。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

第1章 数概念の奥に潜む根本問題について(科学理論の記述になぜ数式は不可欠なのか/人類は「0」や「1」を生み出すまでに苦労した! ほか)/第2章 無意識的な確率概念と意識的な確率概念(科学の世界の数式や記号は「ことば」である/科学表現理解の糸口としての確率概念 ほか)/第3章 意識的確率概念の意義と限界(「証明」の限界について/長さや距離に「絶対」はあるか ほか)/第4章 科学理論の本質と意識的確率概念のもつ課題(確率概念や偶然性についての決定論的見解/確率概念や偶然性についての非決定論的見解 ほか)

著者情報

本田 成親
1942年、横浜に生まれ鹿児島で育つ。東京大学大学院博士課程修了。位相幾何学、基礎論専攻。東大教官を経てフリーランスとなり、数理哲学や科学理論関係の著述に携わるかたわら東京芸術大学大学院美術教育研究科客員講師を務める。1997年、「佐分利谷の奇遇」で第2回奥の細道文学賞受賞後、文芸作家活動に入る

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ
ジャンルランキング

人文・社会のランキング

薬がみえる vol.3

医療情報科学研究所(編集)


伝道の法 人生の「真実」に目覚める時

大川隆法(著)


天文年鑑 2017年版

天文年鑑編集委員会(編)


ランキング一覧へ