pagetop

本 「修辞」という思想 章炳麟と漢字圏の言語論的批評理論

ほしい!に追加 twitter
本-「修辞」という思想 章炳麟と漢字圏の言語論的批評理論
著者: 林少陽 (著)
定価 ¥4,968(税込)
BOOKFANポイント: 230 pt
or
Tポイント: 138 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 白沢社
発行年月 2009年 11月
ISBNコード 9784768479278
版型 --
ページ数 381P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

林少陽 OFF

内容紹介

章炳麟の言語理論を詳しく紹介しながら、漢字圏の批評伝統より「辞を修め、其の誠を立つる」という理念を復活させ、近代化が抑圧してきた「文」の脱構築的機能の再生をめざす意欲的論考。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

漢字圏批評理論のために/第1部 漢字圏批評概念としての「文」と「修辞」(「文」の「学」を論ず―漱石『文学論』の問い/「修辞」と「レトリック」―近代的修辞学・文法学の確立との関連において/日本における批評概念としての「修辞」―荻生徂徠の「古文辞学」とその「修辞」解釈 ほか)/第2部 近代中国の文脈における音声中心主義―「文」と「修辞」の衰弱として(中国の民族主義と言語の近代/歌謠徴集運動における「声」と「音」―「歌謠」と「新詩」という近代的白話・国語運動のための装置/文と政治、美と倫理の間に―声への反省と活用としての三〇・四〇年代 ほか)/「和而不同」・君子=他者の共和国へ―アーレントと章炳麟

著者情報

林 少陽
1963年、中国広東省生まれ。1983年、廈門大学卒業。吉林大学修士課程修了後、会社員として勤務する傍ら、研究と創作を続ける。1999年留学で来日、大阪大学研究生、東京大学総合文化研究科言語情報科学専攻博士課程、東京大学助手を経て2006年から東京大学教養学部特任准教授。学術博士(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ
ジャンルランキング

人文・社会のランキング

薬がみえる vol.3

医療情報科学研究所(編集)


機械保全の徹底攻略 2016年度版機械系・実技


天文年鑑 2017年版

天文年鑑編集委員会(編)


ランキング一覧へ