pagetop

本 久留米藩 筑後平野に広がる九州の要路、米藩久留米。偉人才人が多数輩出し、人・もの・文化の華ひらく。

ほしい!に追加 twitter
本-久留米藩 筑後平野に広がる九州の要路、米藩久留米。偉人才人が多数輩出し、人・もの・文化の華ひらく。
著者: 林洋海 (著)
定価 ¥1,728(税込)
BOOKFANポイント: 80 pt
or
Tポイント: 48 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)

商品情報

出版社名
現代書館
シリーズ名
シリーズ藩物語
発行年月
2010年 01月
ISBNコード
9784768471180
版型
--
ページ数
206P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ
0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

林洋海 OFF

内容紹介

流れるな、自立せよ。
攘夷・開国の争いで、藩論分かれた悲劇。
維新の苦難を乗り越え、大河に対峙する心で時代を拓いた筑後の人々。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

第1章 久留米藩前史―群雄割拠に秀吉が終止符を打ち、筑後に藩体制を確立。/第2章 有馬・久留米藩の誕生―栄転の喜びもつかの間、入城した久留米城は廃城だった。/第3章 久留米藩二百五十年の領内支配―藩政を顧みない奇矯な藩主に翻弄され苦悩する藩士や領民たち。/第4章 久留米藩の文化と人物―先進の科学から芸術まで多彩な文化が生まれた。/第5章 母なる大河と筑後の民―久留米藩二百五十年の治政はひとえに筑後川の治水にかかっていた。/第6章 幕末と動揺する藩体制―発端は水戸学だった。藩政統一に向かう学問のつもりが藩を割ることになった。/第7章 藩消滅の幕を自ら引いた十一代頼咸―激変する政治に疎い頼咸は、自ら藩消滅の幕を引いたことにも気づかなかった。

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
大量一括注文窓口はこちら!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
最高3,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
特集一覧へ
ジャンルランキング

人文・社会のランキング

病気がみえる vol.11

医療情報科学研究所(編集)


サピエンス全史 文明の構造と人類の幸福 上

ユヴァル・ノア・ハラリ(著)


サピエンス全史 文明の構造と人類の幸福 下

ユヴァル・ノア・ハラリ(著)


ランキング一覧へ