pagetop

本 米沢藩 伊達から上杉。大削封の中で艱難辛苦。矜持を保ち、鷹山の改革思想は脈々と続く。

ほしい!に追加 twitter
本-米沢藩 伊達から上杉。大削封の中で艱難辛苦。矜持を保ち、鷹山の改革思想は脈々と続く。
著者: 小野榮 (著)
定価 ¥1,728(税込)
BOOKFANポイント: 80 pt
or
Tポイント: 48 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)

商品情報

出版社名
現代書館
シリーズ名
シリーズ藩物語
発行年月
2006年 02月
ISBNコード
9784768471043
版型
--
ページ数
206P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ
0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

小野榮 OFF

内容紹介

百二十万石から十五万石に、家臣を捨てず君臣・領民共に苦難に挑む。
興譲館、実学の奨励は、米沢人の基となった。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

第1章 伊達家の本拠地米沢―奥羽の半分以上を制した政宗は、秀吉の仕置で生誕の地米沢を去ることになる。/第2章 上杉、越後から会津、米沢へ―上杉景勝、百二十万石から三十万石へ、諦観の胸中は察するに余りある。/第3章 鷹山の登場―藩政困窮のなか、聡明の評高い鷹山が藩主に迎えられる。/第4章 鷹山の改革―鷹山の改革が始まったが若くして隠居する、この思慮は。/第5章 寛政の改革―鷹山の再改革が米沢の地に大きな花を咲かせる。/第6章 鷹山の学問と思想―鷹山の実学は現代まで続く思想である。/第7章 幕末維新の米沢藩

著者情報

小野 榮
昭和3年(1928)山形県米沢市生まれ。米沢市広報課長・観光課長を経て、米沢市史編纂主幹。現在、上杉文化振興財団副理事長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
大量一括注文窓口はこちら!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
コミック全巻セットはこちら★
特集一覧へ
ジャンルランキング

人文・社会のランキング

ポケット六法 平成30年版

山下友信(編集)


サピエンス全史 文明の構造と人類の幸福 上

ユヴァル・ノア・ハラリ(著)


デイリー六法 2018

鎌田薫(編)


ランキング一覧へ
ブクポン
アンケートに答えてポイントゲット!
アンケート一覧へ