pagetop

本 会津藩 九代二二五年にわたり徳川幕府を一途に支えた、会津藩。その精神性ゆえ悲劇に突き進む。

ほしい!に追加 twitter
本-会津藩 九代二二五年にわたり徳川幕府を一途に支えた、会津藩。その精神性ゆえ悲劇に突き進む。
著者: 野口信一 (著)
定価 ¥1,728(税込)
BOOKFANポイント: 80 pt
or
Tポイント: 48 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)

商品情報

出版社名
現代書館
シリーズ名
シリーズ藩物語
発行年月
2005年 06月
ISBNコード
9784768471029
版型
--
ページ数
206P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ
0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

野口信一 OFF

内容紹介

「ならぬことならぬ」愚直なまでに至誠を貫く。
山国の厳しい風土の中で、純粋培養された、会津藩精神。
不屈の魂と、人材育成の精神は脈々と息づく。
よき藩風は今も続き、新たな時代を創造する。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

第1章 会津藩前史―葦名・伊達・蒲生・上杉・加藤、大々名は悉く失意の内に会津を去った。/第2章 保科正之とその時代―二代将軍・秀忠の隠し子は、異母兄・家光によって時を得た。/第3章 城下町の成立と生活―奥羽一の天守の下、城下町若松に独自の文化・風習があった。/第4章 田中玄宰の藩政改革―たび重なる凶作、財政危機、名家老の改革が始まった。/第5章 日新館とその教育―教育の改革、その目的とするところは人づくりにあった。/第6章 軍制改革と沿岸警備―戦いの極意は「戦わずして勝つ」ことにあり。/第7章 京都守護職から会津戊辰戦争へ―悲劇は京都守護職就任から始まった。/第8章 戦後処理と斗南藩立藩―敗れた藩士たちに、更なる苦しみが待っていた。

著者情報

野口 信一
昭和24(1949)年福島県福島市生まれ。会津若松市立会津図書館司書を経て、会津図書館館長、市史編纂兼務

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
大量一括注文窓口はこちら!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
特集一覧へ
ジャンルランキング

人文・社会のランキング

薬局で使える実践薬学

山本雄一郎(著)


なるほど、なっとく医療経営Q&A50

長英一郎(著)


今日の治療薬 解説と便覧 2017

浦部晶夫(編集)


ランキング一覧へ