pagetop

本 長岡藩 雪の重み、戊辰の戦い、それらをも糧に、新発想で立ち向かう長岡人の源流を読む。

ほしい!に追加 twitter
本-長岡藩 雪の重み、戊辰の戦い、それらをも糧に、新発想で立ち向かう長岡人の源流を読む。
著者: 稲川明雄 (著)
定価 ¥1,728(税込)
BOOKFANポイント: 80 pt
or
Tポイント: 48 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 現代書館
シリーズ名 シリーズ藩物語
発行年月 2004年 08月
ISBNコード 9784768471012
版型 --
ページ数 205P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

稲川明雄 OFF

内容紹介

「常在戦場」、自己に厳しく他者に優しく。
この言葉が長岡人を鍛え、不屈の精神を養った。
独自の文化・歴史と生活が「ひと」を育てた「藩」の源流を探り、日本人の心に宿る藩風を感じるシリーズ第1弾。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

第1章 長岡藩の創設―牧野氏が長岡にやってきた。ここから長岡藩の歴史が始まる/第2章 長岡藩士の機構―お侍の生活ってどんな風だった?その組織はどうだったの?/第3章 長岡城下町―三階櫓の立派なお城。かつての城下町のたたずまいを思う/第4章 人びとのくらし―人が集えば騒ぎが起きる。長岡庶民の暮らしと事件を追う/第5章 改革者河井継之助の登場―風雲児登場!陽明学を掲げて、悪化する藩財政の改革に取りかかる/第6章 戊辰戦争で長岡藩が戦う―命運を賭けた小千谷会談は決裂。長岡藩は戦火に巻き込まれた!/第7章 再興した長岡藩―戊辰戦争の戦禍から、人材の力で復興を成しとげた長岡藩

著者情報

稲川 明雄
昭和19(1944)年新潟県長岡市生まれ。長岡市立互尊文庫司書・長岡市史編さん室長を経て、現在長岡市立中央図書館長

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ