pagetop

本 味噌大学 新装版

ほしい!に追加 twitter
本-味噌大学 新装版
著者: 三角寛 (著)
定価 ¥2,700(税込)
BOOKFANポイント: 125 pt
or
Tポイント: 75 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 現代書館
発行年月 2001年 11月
ISBNコード 9784768470206
版型 --
ページ数 231P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

三角寛 OFF

内容紹介

三角寛は朝日新聞社の記者時代の二十六歳から味噌づくりを始めて以来、約六十種類の味噌を常備していたという。
本書では、そのうちの二十一種類の味噌づくりを写真を使って説明する。
この味噌づくりから、サンカ小説家・三角寛の自然観、人生観が浮かんでくる。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

味噌大学(芸の術/手前味噌 ほか)/手前味噌(乳房と味噌/味噌歌 ほか)/講外 漬物談義(ぬかづけ/野菜のつけ込み方 ほか)/漬物補講編(香の物/瑞軒の乞食漬 ほか)

著者情報

三角 寛
明治36年(1903)~昭和46年(1971)。大分県生まれ。本名三浦守、僧名釈法幢。日本大学法科卒業。大正15年朝日新聞社に入社。説教強盗の報道で話題となる。永井龍男の勧めで小説を書き始め、『婦人サロン』に『昭和毒婦伝』を連載し文壇にデビュー。『怪奇の山窩』『情炎の山窩』『純情の山窩』など山窩小説を開拓し流行作家の道を歩む。昭和37年学位論文「山窩社会の研究」で東洋大学から文学博士号を受ける。戦後は吉川英治、徳川夢声、井伏鱒二らを株主とする映画館「人生坐」「文芸坐」の経営にあたる。また昭和17年に皇国薬草研究所を創立して所長に就き、晩年には埼玉県の桂木寺の住職を務めた

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ