pagetop

本 裁判員制度と知る権利

ほしい!に追加 twitter
本-裁判員制度と知る権利
著者: 梓澤和幸 (編著)
田島泰彦 (編著)
定価 ¥2,376(税込)
BOOKFANポイント: 110 pt
or
Tポイント: 66 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 現代書館
発行年月 2009年 02月
ISBNコード 9784768469910
版型 --
ページ数 308P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

梓澤和幸 OFF
田島泰彦 OFF

内容紹介

知る権利が保障されない裁判員制度の内在的批判。
弁護士を中心に研究者・ジャーナリストを交え議論を続け、裁判員制度の本質を探り当てた。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

裁判員制度と表現の自由/裁判員制度とはどんなものか/刑事裁判の現状から裁判報道の意義を問い直す/裁判員選任過程についての問題点/公判前整理手続きと知る権利/捜査段階の取材と報道/弁護人の報道機関への関わり方について/裁判員法と守秘義務/裁判員制度における犯罪被害者参加手続き/取材記者の立場から/被疑者・被告人の適正手続の保障について

著者情報

梓澤 和幸
弁護士(1971年弁護士登録)。山梨学院大学法科大学院教授(刑事訴訟法、メディア法)。世界で一八四の弁護士会が加入するIBA(国際法曹協会)の人権協会評議員に就任し、IBAからの代用監獄調査団(1994年)、同捜査の可視化調査団(2003年)の日弁連側受入実行委員会事務局を務める。現在、日弁連人権と報道調査研究部会部会長、市民メディアであるNews for the people in Japan(NPJ)代表。フジテレビ番組審議会委員。「石に泳ぐ魚」事件、NHK生活ほっとモーニング訂正放送請求事件、各原告側代理人を努める
田島 泰彦
1952年埼玉県生まれ。上智大学文学部新聞学科教授。憲法・メディア法専攻。表現の自由、メディア規制、報道と人権、監視社会などを中心に研究。毎日新聞社「開かれた新聞」委員会委員も兼務(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ
ジャンルランキング

人文・社会のランキング

薬がみえる vol.3

医療情報科学研究所(編集)


機械保全の徹底攻略 2016年度版機械系・実技


天文年鑑 2017年版

天文年鑑編集委員会(編)


ランキング一覧へ