pagetop

本 うまやもん 変わりゆくニッポン競馬の現場

ほしい!に追加 twitter
本-うまやもん 変わりゆくニッポン競馬の現場
著者: 大月隆寛 (著)
定価 ¥2,700(税込)
BOOKFANポイント: 125 pt
or
Tポイント: 75 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 現代書館
発行年月 2004年 08月
ISBNコード 9784768468807
版型 --
ページ数 326P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

大月隆寛 OFF

内容紹介

ハルウララ、コスモバルク、アンカツ、アラブ廃止に国際化、中央と地方…中津、益田、新潟、上山…つぎつぎと姿を消してゆく小さな競馬場たち。
いま、ニッポンで、競馬に生きる、ということの真実。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

ハルウララ騒動・顛末/ウララにユタカが乗った日―2004・3・22高知競馬/あらためて、ハルウララのことを語ろう/益田競馬最後の日―日本一小さな競馬場のいちばん長い日/棄てられる競馬場―大分県・中津競馬の仁義なき闘い/地方競馬がどんどん消えゆく―「中津方式」と、それ以降/アンカツ!アンカツ!―JRA騎手になる前の安藤勝己に密着した一週間/本間茂、元気です―元川崎競馬・名騎手の“曇り、のち晴れ”/たったひとりの闘い―瀬戸際の高知競馬を支えたうまやもんfrom紀三井寺/馬喰・見えない稼業人―牧場と競馬場のあいだで生きる仕事/「外車」伝説マルゼンスキー―橋本善吉が語る、競馬が競馬だった頃/復活せよ!アラブ競馬―忘れられたニッポン競馬の功労者/こうしてなかったことにされてゆくんだわ―アラブ生産者の苦悩と憂鬱/トレーニングセールの現在/サンデーサイレンスの仔はいかが?―すでに世界基準、SSのための社台グループ・セレクトセール/馬産地・北海道競馬の明日を考える/“交流”新時代?―JRA認定・交流競争の拡大が地方競馬にもたらしたもの/外厩制度がやってくる―大いなる実験、外厩制度とその波及効果

著者情報

大月 隆寛
1959年3月5日東京生まれの西宮育ち。早稲田大学法学部卒業、成城大学大学院文学研究科博士後期課程単位取得。東京外国語大学助手、国立歴史民俗博物館助教授などを歴任。97年春、辞表を提出。専攻は、民俗学・民衆文化論。その活動範囲も無節操に広く、『BSマンガ夜話』(NHK BS‐2)の名物司会者であると共に、メルマガ「サイバッチ!」インデプス編集長、という裏の顔も持つ

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ