pagetop

本 外国語の水曜日 学習法としての言語学入門

ほしい!に追加 twitter
本-外国語の水曜日 学習法としての言語学入門
著者: 黒田龍之助 (著)
定価 ¥2,592(税込)
BOOKFANポイント: 120 pt
or
Tポイント: 72 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)

商品情報

出版社名
現代書館
発行年月
2000年 07月
ISBNコード
9784768467848
版型
--
ページ数
293P
平均評価
(3.5)
: 0件
: 1件
: 1件
: 0件
: 0件
ブクレポ
1件

新刊お知らせ登録一覧へ »

黒田龍之助 OFF

内容紹介

英語ばかりが外国語じゃない!いつもこころに文法を。
長い道のりだからこそ、ときには道草、外国語。
各駅停車でのんびりすすむ外国語への旅。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

第1章 水曜日の外国語研究室(二兎を追うもの二兎を得る?/「実験用モルモット」チュウの冒険 ほか)/第2章 外国語幻想(難しい言語と易しい言語/語学の才能のある民族 ほか)/第3章 学習法としての言語学入門(言語学とは何をするのか?(序論)/どんなことばを学習するのか?(世界の言語) ほか)/第4章 本と映像に見る外国語(絶対に勉強したくなる!(フィンランド語)/言語と正面から向き合う(韓国語) ほか)

ブクレポ (レビュー)

ニックネーム: cotocoton 投稿日:2014/03/30

第二言語を選択する前に

言語学入門とありますが、個人的にはマイナー言語を学ぶ人の悲喜こもごもを楽しく綴ったエッセイだと感じます。


何事も突き詰めていく過程は楽しいことばかりではないと思いますが、この本は語学、とりわけマイナー言語を選択し研究し続ける人間を応援しているようなそんな愛のこもったエッセイに読めます。


個人的には第二言語はそこそこメジャーな言語を選択したので、マイナー言語の苦労は想像でしか分かりませんが、言語を問わず学習者全般に共通の苦しみを分かち合えるようなそんな空気があります。この本を読み終えて無謀にもNHKのロシア語講座をちょっとかじりましたが……当然のようにちんぷんかんぷんでした(苦笑)


外国語大学でもない限り第二言語でロシア語を選択する機会はそうないと思いますが、これから第二言語を学ぼうとする人には一読の価値ありだと思います。語学の迷宮で立ち止まった人にも一服の清涼剤を。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
大量一括注文窓口はこちら!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
コミック全巻セットはこちら★
特集一覧へ
ジャンルランキング
ブクポン
アンケートに答えてポイントゲット!
アンケート一覧へ