pagetop

本 ショパンとヴァルス

ほしい!に追加 twitter
本-ショパンとヴァルス
著者: 平林正司 (著)
定価 ¥4,104(税込)
BOOKFANポイント: 190 pt
or
Tポイント: 114 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 慶応義塾大学出版会
発行年月 2009年 09月
ISBNコード 9784766416732
版型 --
ページ数 278P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

平林正司 OFF

内容紹介

「ヴァルス」(valse)とは「ワルツ」のフランス語読みである。
庶民的起源をもつ舞踏曲「ヴァルス」は、19世紀にはロマン主義の流れにおいて芸術的舞曲としても多数作曲された。
この「ヴァルス」の発展と、稀代の作曲家フレデリック・ショパンの創作時期は軌を一にしている。
近代ヨーロッパ文明の産物である「ヴァルス」はショパンの才能によって開花した。
本書では、「ヴァルス」の特性や歴史的変遷について考察しながら、ショパンの「ヴァルス」について精緻に分析。
芸術史・舞踏文化史の観点から接近することで、ショパンをヨーロッパの普遍的作曲家として捉え直す。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

第1部 ヴァルスの諸相(フランスの詩とヴァルス/舞踏としてのヴァルス/舞曲としてのヴァルス/音楽劇におけるヴァルス/演奏会用ヴァルス)/第2部 ショパンとヴァルス(民族性と普遍性/喜悦と悲哀/ショパンとサロン/ショパンのヴァルス/『ヴァルス』嬰ハ短調)

著者情報

平林 正司
慶應義塾大学法学部教授。専門は、十九世紀バレエ史、近代ヨーロッパ芸術史(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ