pagetop

本 論争!経済危機の本質を問う サブプライム金融危機と市場の高質化

ほしい!に追加 twitter
本-論争!経済危機の本質を問う サブプライム金融危機と市場の高質化
著者: 吉野直行 (編著)
定価 ¥1,296(税込)
BOOKFANポイント: 60 pt
or
Tポイント: 36 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 慶応義塾大学出版会
発行年月 2009年 08月
ISBNコード 9784766416404
版型 --
ページ数 187P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

吉野直行 OFF

内容紹介

慶應―京大連携グローバルCOEは、「市場の高質化と市場インフラの総合的設計」をテーマとして、「現代経済の健全な発展・成長には高質な市場が必要である」という新しい理論(「市場の質」理論)を提唱し、市場そのものを内生的に捉える新しい経済学的視点から、理論的・実証的研究を進めています。
そして、法律、制度、組織、文化、倫理、慣習など、市場を取り巻くさまざまな要素の総体である市場インフラの総合的な設計(コーディネーション)により漸新的な市場高質化を促し、経済が健全な発展・成長を遂げる道筋を提示しようとしています。
本書は、このような活動の一環として開催されたシンポジウム「サブプライム・ローン問題と金融市場の高質化」での報告・議論をもとに加筆・修正したものであり、米国の金融危機に端を発する世界的不況に対し、中長期的視点から日本が取り組むべき制度設計・改革案を提言しています。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

第1部 危機の本質を問う(経済学とグローバル経済危機/金融市場の高質化とは?)/第2部 市場インフラを改革せよ(アメリカ発の金融危機と金融監督の行方/金融・経済危機二〇〇七‐二〇〇九:ConflictsとComplexity/金融市場の質によせて/不確実性下の経済活動と経済規制)/第3部 論争!サブプライム金融危機(特別報告 日本財務省の視点から/経済論争 サブプライム金融危機)/総括 金融市場の質の向上のための諸課題について―シンポジウムの議論を踏まえて

著者情報

吉野 直行
慶應義塾大学経済学部教授

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ