pagetop

本 世界の中の日本の役割を考える 岩倉使節団を出発点として

ほしい!に追加 twitter
本-世界の中の日本の役割を考える 岩倉使節団を出発点として
著者: 米欧亜回覧の会 (編)
定価 ¥3,024(税込)
BOOKFANポイント: 140 pt
or
Tポイント: 84 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)

商品情報

出版社名
慶応義塾大学出版会
発行年月
2009年 04月
ISBNコード
9784766415650
版型
--
ページ数
276,6P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ
0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

米欧亜回覧の会 OFF

内容紹介

明治四(一八七一)年、維新期のリーダーである岩倉使節団が、日本の近代国家としての礎を築いてから、日本はいかなる変貌を遂げたのか。
国内およびアメリカ、中国、韓国、インドネシア、インドの専門家も交え、世界的な視野から行われた国際シンポジウムが日本のあるべき姿を提唱する。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

第1部 世界の中の日本の役割を考える―近代西洋文明を超えるもの/第2部 岩倉使節団は日本の近代化に如何にかかわったか/第3部 日本近代化一三〇年における成功と失敗/第4部 グローバル社会における日本の役割とは何か/第5部 パネルディスカッション/総括

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
大量一括注文窓口はこちら!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
コミック全巻セットはこちら★
特集一覧へ
ジャンルランキング

人文・社会のランキング

ずるい人が周りからいなくなる本

大嶋信頼(著)


有斐閣判例六法 平成30年版

中田裕康(編集)


民法がわかった

田中嗣久(著)


ランキング一覧へ
ブクポン
アンケートに答えてポイントゲット!
アンケート一覧へ