pagetop

本 保険学のフロンティア

ほしい!に追加 twitter
本-保険学のフロンティア
著者: 石田重森 (編著)
定価 ¥3,888(税込)
BOOKFANポイント: 180 pt
or
Tポイント: 108 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 慶応義塾大学出版会
シリーズ名 慶応義塾保険学会叢書
発行年月 2008年 11月
ISBNコード 9784766415612
版型 --
ページ数 313P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

石田重森 OFF

内容紹介

多様化する生活リスクと拡大するビジネスリスク、癒されぬ業界不振と高まるニーズ、今ほど変革が求められている時代は無い。
理論・思想研究から経営・事業革新、法制度・判例分析、そして国際動向の検討まで、多分野研究者のコラボレーションにより、保険学と保険事業の新たな地平を切り拓く。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

経済俯仰―その社会学的基盤に立って/保険をめぐる共同体と相互扶助/保険の仕組みと保険の定義―保険集団の存在を前提とした所説の再検討をとおして/保険業のCSR(企業の社会的責任)と現代的課題/保険業のブランド・エクイティ/保険企業によるモラルハザードとその対応―なぜ保険金不払い問題は全社的に発生したか/投資意思決定における保険契約の役割/再保険サイドカーの意義/バーゼル2とソルベンシー2―金融・保険の融合と資本要件規制/日本版コーポレート・ガバナンスの課題と今後/生命保険契約の保険金受取人変更権に対する制限/障害保険における外来性要件と疾病免責条項/訴訟からみた製造物責任法の課題と障害保険の役割/アメリカにおける近年の医療保険改革/アメリカ労使関係の形成と生命保険会社―ウェルフェア・キャピタリズムの再評価に関連して

著者情報

石田 重森
福岡大学名誉学長、博士(商学)。1938年生まれ。1960年横浜国立大学学芸学部数学科卒業、69年慶應義塾大学経済学部卒業、71年同大学大学院商学研究科修士課程修了、74年同大学院商学研究科博士課程単位取得満期退学、82‐83年ロンドン、シティ・ユニバーシティに留学、91年博士号(商学)取得(慶應義塾大学)。1974年福岡大学商学部講師、77年同助教授、82年同教授。1991‐95年同大学副学長・常務理事、95‐99年同学長・専務理事、2008年名誉学長。2007年日本保険学会名誉会員。この他、日本保険学会理事、日本私立大学連盟理事、北九州市立大学独立行政法人評価委員長(現在)、福岡市保健福祉審議会会長(現在)、(財)損害保険事業総合研究所理事など歴任(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ