pagetop

本 EUのガヴァナンスと政策形成

ほしい!に追加 twitter
本-EUのガヴァナンスと政策形成
著者: 田中俊郎 (編)
定価 ¥3,780(税込)
BOOKFANポイント: 175 pt
or
Tポイント: 105 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 慶応義塾大学出版会
発行年月 2009年 02月
ISBNコード 9784766415599
版型 --
ページ数 267P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

田中俊郎 OFF

内容紹介

EUは拡大に対応するための基本条約改正に合意しても、各国のレベルでは市民からの同意に至らないという危機的状況に直面している。
しかし、それにもかかわらず、今後もEUは存続するということは明白である。
それはなぜだろうか。
その疑問を解明する一助として、本書は、EUが内部的にどのように「統治」され、また、貿易・環境・安全保障といった重要分野でどのような政策を形成しつつ、グローバル・ガヴァナンスをいかに主導しようとしているのかについて検討し、展望するものである。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

第1部 EUガヴァナンスの課題(EUにおける市民社会概念とガヴァナンスの交差―市民社会対話は何をもたらしたか/EUの多言語主義と言語教育政策)/第2部 EUの通商政策とガヴァナンス(WTO法とEU法の比較検討―比例性原則の与える示唆/「超国家」と「政府間」の共存―EUの共通通商政策の現状と課題)/第3部 EUの環境政策とガヴァナンス(EUの環境統合―開発協力政策への配慮を事例として/日本企業およびEUの関係の深化―環境リサイクル指令ロビイングを事例として)/第4部 EUの安全保障政策とガヴァナンス(EU共通安全保障・防衛政策(CSDP)の現状と課題―2馬力のEUへ/いわゆる「欧州連合(EU)部隊」への国際人道法の適用性―現在および将来における法的課題/コソヴォ独立と国連・EU―介入による国家創設?)/第5部 EUガヴァナンスの対外的可能性(東アジアのリージョナリズムの軌跡と今後―欧州統合からの示唆)

著者情報

田中 俊郎
慶應義塾大学法学部教授、ジャン・モネ・チェア、EUスタディーズ・インスティチュート(EUSI)所長。1975年、慶應義塾大学大学院法学研究科博士課程単位取得退学

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ
ジャンルランキング

人文・社会のランキング

薬がみえる vol.3

医療情報科学研究所(編集)


機械保全の徹底攻略 2016年度版機械系・実技


有斐閣判例六法Professional 平成29年版 2巻セット

山下友信(ほか編集)


ランキング一覧へ