pagetop

本 イン・ビボ実験医学を拓く 実験動物中央研究所からの報告-1990~2008

ほしい!に追加 twitter
本-イン・ビボ実験医学を拓く 実験動物中央研究所からの報告-1990~2008
著者: 野村達次 (著)
飯沼和正 (著)
定価 ¥2,592(税込)
BOOKFANポイント: 120 pt
or
Tポイント: 72 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 慶応義塾大学出版会
シリーズ名 六匹のマウスから 2
発行年月 2008年 09月
ISBNコード 9784766414998
版型 --
ページ数 244P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

野村達次 OFF
飯沼和正 OFF

内容紹介

世界初の成果次々に。
免疫超不全のNOGマウス、ポリオ・マウス、rasH2マウスなど、新規動物を開発。
革新的動物試験法を樹立。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

第1章 世界のトップを拓く(対談)―90年~08年にかけての研究成果(はじめに―一九九〇年、それ以前と以後と/「ポリオ・マウス」の導入―「小児マヒ・生ワクチン」の安全性評価と確認に新しい試験法を樹立 WHO(世界保健機関)、世界標準として普及へ/「rasH2(ラス・エイチ・ツー)マウス」の開発―「発がん性評価」の新しい試験法を樹立 新薬開発の“ツール”として、世界各国で導入始まる/「NOG(ノグ)マウス」の開発―免疫機能“ゼロ”の実験動物を作出 エイズ、白血病などの研究用モデルとして ほか)/第2章 「実中研」と、その関連グループ/第3章 五年のつもりが五十五年にもなって(対談)(駆動源は何であったか?―五十五年を支えた“軸”は/動物実験の倫理について―「ヘルシンキ宣言」の精神、「3R」の思想 ピーター・シンガーの考え方)

著者情報

野村 達次
文化功労者、1997年。医学博士。1922年、東京生まれ。慶應義塾大学医学部卒業後、1952年、(財)実験動物中央研究所を創設。81年から慶應義塾大学医学部客員教授、日本学術会議・実験動物研究委員会委員長、国際実験動物科学会議(ICLAS)日本代表・副会長など。第1回小島三郎記念文化賞(65)、日本医師会最高優功賞(75)、吉川英治文化賞(92)、紫綬褒章(84年)、米国FDA特別功労賞(1998~2000)、ICLASミュールブック記念賞(88)、同マリーコーツ賞(2005)
飯沼 和正
科学ジャーナリスト。1932年生まれ。大阪大学工学部修了。京都大学法学部卒業。朝日新聞記者を経て、1970年から独立(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ