pagetop

本 ニュース報道と市民の対外国意識

ほしい!に追加 twitter
本-ニュース報道と市民の対外国意識
著者: 伊藤陽一 (編)
河野武司 (編)
定価 ¥3,672(税込)
BOOKFANポイント: 170 pt
or
Tポイント: 102 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 慶応義塾大学出版会
シリーズ名 叢書21COE-CCC多文化世界における市民意識の動態 43
発行年月 2008年 01月
ISBNコード 9784766414691
版型 --
ページ数 291P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

伊藤陽一 OFF
河野武司 OFF

内容紹介

ニュース報道が市民の対外国意識やアイデンティティの形成にどのような影響を及ぼしているのか、情報環境の「グローバル化」がもたらす問題とともに実証的に検証する。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

第1部 日本人の対外国態度の変化はどのように説明できるか(日本人の対中国態度と日本の新聞の中国報道/小泉首相の靖国神社参拝に関する「空気」または「意見風土」の変動と日中関係/テレビニュース番組における米国報道とその影響/テレビニュース番組における中国・勧告報道とその影響)/第2部 日本、韓国、中国における相互報道と相互認識(韓国の新聞における日本・中国報道:1996‐2005/日本の新聞における韓国・中国報道:1996‐2005/日韓の相互意識の実状とメディア/中国人の反日意識―中国ナショナリズムの社会心理学的分析)/第3部 グローバル時代における市民意識と対外情報文化政策(日常生活としてのグローバル・コミュニケーション再考―グローバライゼーションと時間―空間の「リズム編成」をめぐる「第一基調」:グローバリゼーションと文化的アイデンティティ/パブリック・ディプロマシー、対外国意識、国際世論と外交政策)

著者情報

伊藤 陽一
慶應義塾大学名誉教授。情報通信学会会長。専攻は国際コミュニケーション論、政治コミュニケーション論、情報社会論。慶應義塾大学大学院博士課程法学研究科(政治学専攻)修了
河野 武司
慶應義塾大学法学部教授。1986年慶應義塾大学大学院法学研究科博士課程単位取得退学。専攻は計量政治分析、公共選択論、政治コミュニケーション論(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ
ジャンルランキング

人文・社会のランキング

薬がみえる vol.3

医療情報科学研究所(編集)


機械保全の徹底攻略 2016年度版機械系・実技


天文年鑑 2017年版

天文年鑑編集委員会(編)


ランキング一覧へ