pagetop

本 多文化交差世界の市民意識と政治社会秩序形成

ほしい!に追加 twitter
本-多文化交差世界の市民意識と政治社会秩序形成
著者: 関根政美 (編)
塩原良和 (編)
定価 ¥4,104(税込)
BOOKFANポイント: 190 pt
or
Tポイント: 114 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 慶応義塾大学出版会
シリーズ名 叢書21COE-CCC多文化世界における市民意識の動態 37
発行年月 2008年 01月
ISBNコード 9784766414639
版型 --
ページ数 320P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

関根政美 OFF
塩原良和 OFF

内容紹介

欧米諸国・アジア/ラテンアメリカ・日本など、多文化社会化する国民社会における市民意識と、多文化主義の可能性に若手研究者が迫る。
丹念な現地調査の成果を発信する。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

第1部 欧米諸国(オーストラリアの「アジア太平洋国家化」言説と多文化主義/アメリカにおけるヒスパニック系住民の市民意識と政治参加の動向/カナダにおける多文化市民意識の再構築―多文化主義・イスラム系移民・社会統合/ドイツの難民庇護と市民意識―教会味ールと国民国家/イギリス―エスニック・マイノリティのメディアとナショナル・アイデンティティ/多文化主義国家オーストラリア日本人永住者の市民意識―白人性・ミドルクラス性・日本人性/「ファミリー」を巡る言説とその政治―はワード豪連邦政府の新自由主義的家族政策と市民意識)/第2部 アジア/ラテンアメリカ(越境者から市民へ―タイ「山地民」の国籍管理を事例として/ナショナリズムの再構築―トルコの有権者の市民意識とナショナリズム/「民衆運動」から「市民活動」へ―チリ・都市部の住宅闘争の脱政治化と市民社会の発展/多文化・太民族主義国家ボリビアの市民意識の動態―アフロ系住民の文化復権運動か)/第3部 日本(「多文化社会」日本における移民の社会関係資本―滞日中国人の社会的ネットワークに注目して/“ウチナーンチュ”沖縄の外国人住民のもつ違和感)

著者情報

塩原 良和
東京外国語大学外国語学部准教授。1973年生まれ。慶應義塾大学大学院社会学研究科博士課程学位取得退学。博士(社会学)(慶應義塾大学)。専攻は、社会学、国際社会学、オーストラリア研究(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
関根 政美
慶應義塾大学法学部教授。1951年生まれ。慶應義塾大学大学院社会学研究科社会学専攻博士課程単位取得退学。博士(社会学)(慶應義塾大学)。専攻は、国際社会学、現代オーストラリア論

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ