pagetop

本 実践的MOTのススメ 商品開発者のための商品創造論

ほしい!に追加 twitter
本-実践的MOTのススメ 商品開発者のための商品創造論
著者: 田村新吾 (著)
定価 ¥2,160(税込)
BOOKFANポイント: 100 pt
or
Tポイント: 60 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 慶応義塾大学出版会
発行年月 2008年 02月
ISBNコード 9784766414547
版型 --
ページ数 154P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

田村新吾 OFF

内容紹介

ヒット商品は偶然の「閃き」からではなく、夢想し、問題に悩み、小さなヒントを手がかりに工夫し、修正していくなかで培われる「発掘力」から生まれる。
30年以上にわたり、SONYの歴代経営者の近くで、メカニズム設計の専門家としてテープデッキ、レコードプレーヤーなどの高級オーディオ機器をはじめ、世界初のCD‐ROMドライブの企画・設計。
また、多くの社内ベンチャーを立ち上げ、二足歩行ロボットの開発にも関わる。
数々のヒット商品開発を手がけた著者が綴る「新商品の創造論」。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

第1部 商品創造の工程(新しい商品を創るとは/商品の概念/商品価値の発掘/商品価値の造形/商品企画(既存商品/新興商品)/価値の伝達/継続と成長)/第2部 商品創造を取り巻く環境(事業戦略論/ビジネスモデルと企業提携/開発環境と人材開発)

著者情報

田村 新吾
株式会社ワンダーワークス代表取締役。1946年栃木県生まれ。1969年早稲田大学理工学部卒業後、ソニー株式会社に入社。15年間音響製品企画設計担当の後、1988年コンピュータ事業部長等を経て1992年より商品企画者育成、社内ベンチャー統括、社内横断企画マン統括、新規事業開拓(CD‐ROM、ソネット、二足歩行ロボット「キュリオ」)に携わる。2002年北海道大学MOTプログラム「マーケティング論」を担当。2003年北海道大学客員教授、同年慶應義塾大学非常勤講師、札幌ビズカフェ塾長、日本創造学会会員。2006年ソニーを退職。現在、ソニーヒューマンキャピタル株式会社シニアコンサルタントとして、ベンチャー企業の事業戦略をコンサルテーションしている。専門は機械工学、新興商品事業開発、マーケティング論。新規事業、新商品開発、人事開発関係の講演は年平均20回を数える(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ