pagetop

本 戦後日本における市民意識の形成 戦争体験の世代間継承

ほしい!に追加 twitter
本-戦後日本における市民意識の形成 戦争体験の世代間継承
著者: 浜日出夫 (編)
定価 ¥3,240(税込)
BOOKFANポイント: 150 pt
or
Tポイント: 90 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)

商品情報

出版社名
慶応義塾大学出版会
シリーズ名
叢書21COE-CCC多文化世界における市民意識の動態 31
発行年月
2008年 01月
ISBNコード
9784766414530
版型
--
ページ数
192P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ
0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

浜日出夫 OFF

内容紹介

日本人にとって「戦争の記憶」とは何か。
戦争世代から戦後世代への、体験継承の困難さとその影響、さらにそれを取り巻く社会構造を、気鋭の研究者が検証する。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

第1章 戦後社会と二つの戦争体験/第2章 暴力の跡と情動という知―“ヒロシマ”の跡を辿りながら/第3章 戦後日本社会と満洲移民体験の語りつぎ/第4章 ある生存の記録―船越義彰『狂った季節』(1998年)に見る沖縄戦の記憶/第5章 天国から地獄へ―マンガから見た日本の第二次世界大戦の記憶:敗戦直後から1970年代まで/第6章 政教分離訴訟の生成と変容―戦後日本における市民運動と「戦争体験」/第7章 被爆者の現実をいかに認識するか?―体験者と非体験者の間の境界線をめぐって

著者情報

浜 日出夫
慶應義塾大学文学部教授。1980年、大阪大学大学院人間科学研究科博士後期課程中退(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
大量一括注文窓口はこちら!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
最高3,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
特集一覧へ
ジャンルランキング

人文・社会のランキング

「死ぬくらいなら会社辞めれば」ができない理由(ワケ)

汐街コナ(著)


看護師・看護学生のためのレビューブック

岡庭豊(編集)


診療点数早見表 2016年4月/2017年4月増補版


ランキング一覧へ
ブクポン
アンケートに答えてポイントゲット!
アンケート一覧へ