pagetop

本 大日本帝国のクレオール 植民地期台湾の日本語文学

ほしい!に追加 twitter
本-大日本帝国のクレオール 植民地期台湾の日本語文学
著者: フェイ阮クリーマン (著)
林ゆう子 (訳)
定価 ¥3,456(税込)
BOOKFANポイント: 160 pt
or
Tポイント: 96 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 慶応義塾大学出版会
発行年月 2007年 11月
ISBNコード 9784766414400
版型 --
ページ数 326,32P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

フェイ阮クリーマン OFF
林ゆう子 OFF

内容紹介

大日本帝国の統治下にあった台湾・南方における、クレオール文学論。
「内地」の作家、台湾育ちの「外地」の作家、日本語で教育された台湾人作家。
この3つの視点を併せることで、清朝、日本、国民党と統治者が入れ替わった台湾を主な舞台にした多種多様な「日本語」テクストの精読から、間文化の複合、言語接触(クレオール化)の中、「ハイパーコロニアル」というべき空間となった植民地体験の実相を浮上させる渾身の力作。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

第1部 日本人が描いた“帝国”(「南方」の系譜/「土人」の懐柔/南方の作家たち)/第2部 在留日本人のアンビヴァレンス―西川満(西川満と『文芸台湾』/ジェンダー、修史、ロマンティシズムへの関心)/第3部 台湾人が描いた“帝国”(言語政策と文化的アイデンティティ/郷土文学派―楊逵と呂赫若/皇民文学派―周金波と陳火泉)

著者情報

林 ゆう子
カナダ・トロント在住。慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科修士課程修了(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ
ジャンルランキング

小説・エッセイのランキング

コンビニ人間

村田沙耶香(著)


恋のゴンドラ

東野圭吾(著)


鴻池剛と猫のぽんた ニャアアアン2

鴻池剛(著)


ランキング一覧へ