pagetop

本 リベラリズムと市民的不服従

ほしい!に追加 twitter
本-リベラリズムと市民的不服従
著者: 鈴木正彦 (著)
定価 ¥4,104(税込)
BOOKFANポイント: 190 pt
or
Tポイント: 114 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)

商品情報

出版社名
慶応義塾大学出版会
シリーズ名
叢書21COE-CCC多文化世界における市民意識の動態 26
発行年月
2008年 01月
ISBNコード
9784766414387
版型
--
ページ数
301P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ
0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

鈴木正彦 OFF

内容紹介

自国の法に従うことがなぜ市民の責務なのか、自由と平等へのコミットメントは法への服従と真に両立可能なのか、なぜ特定の条件下で法を破ることが正当化されるのか、政治理論・法哲学上のこれら壮大なテーマに、理論的に一貫した体系をもって応えようとする挑戦的研究。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

なぜ支配は正当化されるのか/第1部 政治的責務(同意は拘束する―社会契約を中心に/便益を受け取るとは何を意味するのか―感謝とフェア・プレイ/正義を果たす義務―ロールズの自然的正義責務論/メンバーであることの重み―連帯的責務の諸相/アナーキズムとは可能か―哲学的アナーキズムと法の権威/良心的兵役拒否権よ平和的生存の権利―強制の正当化と自由の証)/第2部 市民的不服従(品位ある作法―市民的不服従の総則論/市民的不服従とは何か―構成要件論/市民的不服従の正当化―ロールズ、ラッセル、シンガーを中心に/なぜ立憲民主体制は市民的不服従を必要とするのか)

著者情報

鈴木 正彦
1976年生まれ。慶應義塾大学大学院法学研究科博士課程修了。博士(法学、慶應義塾大学、2007年)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
大量一括注文窓口はこちら!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
コミック全巻セットはこちら★
年末年始電子ストアギフト券キャンペーン!最高3,000円分ギフト券プレゼント中★
特集一覧へ
ジャンルランキング

人文・社会のランキング

ギリシア人の物語 3

塩野七生(著)


サピエンス全史 文明の構造と人類の幸福 上

ユヴァル・ノア・ハラリ(著)


サピエンス全史 文明の構造と人類の幸福 下

ユヴァル・ノア・ハラリ(著)


ランキング一覧へ
ブクポン
アンケートに答えてポイントゲット!
アンケート一覧へ