pagetop

本 株式会社監査機構のあり方

ほしい!に追加 twitter
本-株式会社監査機構のあり方
著者: 倉澤康一郎 (著)
定価 ¥8,640(税込)
BOOKFANポイント: 400 pt
or
Tポイント: 240 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 慶応義塾大学出版会
発行年月 2007年 08月
ISBNコード 9784766413694
版型 --
ページ数 370P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

倉澤康一郎 OFF

内容紹介

一貫して株式会社における監査の必要性とわが国の特異な監査役制度の歴史的展開を説いた、倉澤監査機構論の集大成。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

商法学イン・パースペクティブ/“遵法経営”が真に意味するもの/企業行動と企業倫理/複数監査役の職務分担と監査役会/商法・監査特例法改正案の解説/中小会社監査と適法性証明/大小会社区分立法について/A案の立場からみたB案、C案の問題点/小規模会社「監査」の方向/法律学者の立場から会社法改正試案を考える/監査機構/更正手続と取締役・監査役/監査役の独立性と「自己監査」―最近の最高裁判決を中心として/監査報告書と決算の確定/企業の内と外/顧問弁護士の監査役選任と就任/会計士・監査人の法的責任/監査基準の純化/監査人に対する社会的期待とその責任/株式会社の不祥事と監査役・会計監査人の機能/公認会計士監査の社会的定着/会計監査人監査の機能と新基準・準則/監査役と取締役会/監査役制度強化の方向/監査役制度改正の必要性/監査役制度の改正/わが国の監査制度と今後の課題/監査役制度改正の問題点/商法改正と監査機能の強化/昭和二五年商法改正―監査制度を中心として

著者情報

倉澤 康一郎
慶應義塾大学名誉教授。1932年山梨県生まれ。1958年慶應義塾大学法学部卒業、1963年慶應義塾大学大学院法学研究科民事法学専攻博士課程修了。慶應義塾大学法学部助手、専任講師、助教授、教授、武蔵工業大学環境情報学部教授を経て、現職。法学博士(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ
ジャンルランキング

人文・社会のランキング

薬がみえる vol.3

医療情報科学研究所(編集)


機械保全の徹底攻略 2016年度版機械系・実技


天文年鑑 2017年版

天文年鑑編集委員会(編)


ランキング一覧へ