pagetop

本 文化の国際流通と市民意識

ほしい!に追加 twitter
本-文化の国際流通と市民意識
著者: 伊藤陽一 (編)
定価 ¥3,456(税込)
BOOKFANポイント: 160 pt
or
Tポイント: 96 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 慶応義塾大学出版会
シリーズ名 叢書21COE-CCC多文化世界における市民意識の動態 18
発行年月 2007年 01月
ISBNコード 9784766413335
版型 --
ページ数 223P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

伊藤陽一 OFF

内容紹介

文化が国境を越えて流通することによって、市民意識にどのような影響を及ぼし、逆に、市民意識(好悪、親近感等)が文化の国際流通にどのような影響を及ぼすのか。
そして、文化の国際流通はどのようなメカニズムによって支配されているのかを理論的・実証的に論じる。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

第1部 文化の国際流通が市民意識に及ぼす影響(日本人はすでに「西洋コンプレックス」を解消したか?―透明化、自然化、内面化する「西洋」/メディア・グローバリゼーションと文化変容/世界化とフランス文化)/第2部 市民意識が文化の国際流通に及ぼす影響(韓流映像コンテンツの流通とその意義/台湾の日本大衆文化受容、「哈日族」についての考察)/第3部 文化の国際流通を支配するもの(日本アニメの世界流通と受容・市民意識―国際コミュニケーションにおける存在と影響/メディアの寡占化とネット空間/映画の国際流通のパターンと規定要因/大衆文化の国際流通パターンと規定要因に関する日韓比較研究/「高級文化」の国際流通のパターンと規定要因―翻訳図書と留学生)

著者情報

伊藤 陽一
慶應義塾大学総合政策学部教授。情報通信学会会長。専攻は国際コミュニケーション論、政治コミュニケーション論、情報社会論。慶應義塾大学大学院博士課程法学研究科(政治学専攻)修了(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ
ジャンルランキング

人文・社会のランキング

薬がみえる vol.3

医療情報科学研究所(編集)


伝道の法 人生の「真実」に目覚める時

大川隆法(著)


天文年鑑 2017年版

天文年鑑編集委員会(編)


ランキング一覧へ