pagetop

本 民族の表象 歴史・メディア・国家

ほしい!に追加 twitter
本-民族の表象 歴史・メディア・国家
著者: 羽田功 (編)
定価 ¥3,456(税込)
BOOKFANポイント: 160 pt
or
Tポイント: 96 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 慶応義塾大学出版会
発行年月 2006年 11月
ISBNコード 9784766413106
版型 --
ページ数 305,10P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

羽田功 OFF

内容紹介

「民族」とは近代に作られた観念的共同体だが、その核心をなすのはコミュニケーションの媒体である言語そのものではなく、いわゆる「メディア」によって伝えられる多種多様なイメージの集積物であり、その意味において「民族」とは「メディア」による構築物である。
―本書では、民族とは関係性の産物であり、メディアによる構築物であるという観点から、ユダヤ人、パレスチナ人/イスラエル人、ドイツ人、アメリカ人、キューバ人、ラテンアメリカン、中国人、日本人それぞれの「民族」イメージ形成過程を分析。
「メディア」を通じて、自己や他者を意識することから始まる自己相対化や他者像形成のプロセスを検証し、「民族」とは何かを明らかにする。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

ユダヤ人イメージ―ヨーロッパにおけるユダヤ人像の特質/ドイツ的・ドイツ人であるとは何か―資本と人種/近代日本の国家イメージ形成における和歌の機能―桜の表象を中心に/国を捨て新天地をめざすのは不義か?―詩経解釈に込められた国家への帰属意識の変遷/時計、石鹸、星条旗―産業社会の出現とアメリカ的身体の形成過程/社会主義国キューバで発せられる「黒人」の声―ラップ、人種差別、そして革命/ステレオタイプとコミュニケーション―映画におけるラテンアメリカのイメージ表象/パレスチナ/イスラエル紛争における「敵」イメージの形成

著者情報

羽田 功
慶應義塾大学経済学部教授。1954年生まれ。慶應義塾大学文学部卒業(1976年)後、同大学院修士課程、博士課程修了(1982年)。1995年より現職。専門分野はユダヤ人問題、19‐20世紀転換期ドイツ文学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ
ジャンルランキング

人文・社会のランキング

薬がみえる vol.3

医療情報科学研究所(編集)


機械保全の徹底攻略 2016年度版機械系・実技


天文年鑑 2017年版

天文年鑑編集委員会(編)


ランキング一覧へ