pagetop

本 バブル文化論 〈ポスト戦後〉としての一九八〇年代

ほしい!に追加 twitter
本-バブル文化論 〈ポスト戦後〉としての一九八〇年代
著者: 原宏之 (著)
定価 ¥2,160(税込)
BOOKFANポイント: 100 pt
or
Tポイント: 60 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 慶応義塾大学出版会
発行年月 2006年 06月
ISBNコード 9784766412864
版型 --
ページ数 268P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

原宏之 OFF

内容紹介

「一九八〇年代」を語る際に、いわゆるニューアカなどの「知のモード」の影響が過度に重視される傾向があるが、八〇年代の特異性は、むしろ、“戦後”を真に脱却しつつあったこの時代の混沌のエネルギーが抑圧から解放され花開いた“バブル文化”(ストリート文化、大衆文化)にこそ見出される。
本書では、一九八四年~八六年の間に、日本社会が“バブル文化”期に移行するとのテーゼのもと、その前/後の政治・経済状況にも目を配り、いまだ語られずにいる「八〇年代」の特殊性を浮き彫りにする。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

序章 超越の消失―一九八〇年代の歴史的位相/第1章 原宿―「八〇年代」若者の祝祭空間/第2章 “バブル文化”の予兆―「八〇年代」若者の編成/第3章 「いまは、ココ!」の闘い―八〇年代の“中心と周縁”/第4章 “バブル文化”のしあわせ探し―「おたく」と「渋カジ」の分水嶺/第5章 ドラマの変貌―都市のBGM,街の語り/第6章 「楽しくなければ、テレビじゃない!」―とんねるずとフジテレビの時代/終章 抑圧からの解放―“戦後の終わり”としての八〇年代

著者情報

原 宏之
明治学院大学教養教育センター助教授。1969年生まれ。パリ第10大学人文科群博士課程中退。学術修士。日本学術振興会特別研究員(東京大学)・東洋大学等非常勤講師(2001‐2002)を経て、明治学院大学専任講師(2002年)。2005年より現職。専攻は、教養(表象メディア論・言語態分析)および比較思想史(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ
ジャンルランキング

人文・社会のランキング

薬がみえる vol.3

医療情報科学研究所(編集)


伝道の法 人生の「真実」に目覚める時

大川隆法(著)


天文年鑑 2017年版

天文年鑑編集委員会(編)


ランキング一覧へ