pagetop

本 企業評価+企業倫理 CSRへのアプローチ

ほしい!に追加 twitter
本-企業評価+企業倫理 CSRへのアプローチ
著者: 岡本大輔 (著)
梅津光弘 (著)
定価 ¥3,672(税込)
BOOKFANポイント: 170 pt
or
Tポイント: 102 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 慶応義塾大学出版会
シリーズ名 慶応経営学叢書 2
発行年月 2006年 09月
ISBNコード 9784766412666
版型 --
ページ数 253P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

岡本大輔 OFF
梅津光弘 OFF

内容紹介

「良い企業」とは何か?企業の社会性を考慮した評価モデルを構築し実証分析を行うとともに、ヴァリュー・シフトの歴史を辿りながら、今後の企業倫理の制度化の方向を提示する。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

第1部 企業評価(企業評価と企業の社会性/社会性を考慮した企業評価/実証研究による社会性評価モデル)/第2部 企業倫理(企業倫理と企業社会責任論―企業経営をめぐる/アメリカにおける企業倫理の生成と展開/企業倫理の理論的統合の可能性/グローバル化と企業倫理/情報化社会における企業倫理/企業倫理の制度化と社会支援制度/企業倫理と企業評価)

著者情報

岡本 大輔
慶應義塾大学商学部教授。1958年神奈川県逗子に生まれる。慶應義塾大学商学部卒業。同大学院商学研究科博士課程修了。博士(商学)。M.I.T.,Sloan School of Management,Visiting Scholar(1989‐91)。Brown University,Department of Economics,Visiting Fellow & Visiting Scholar(1997)。通商産業省企業経営力委員会(1991‐2001)、経済産業省企業法制研究会ブランド価値評価研究会(2001‐2002)、経済産業省独立行政法人評価委員会通商・貿易分科会日本貿易保険部会(2001‐現在)各委員。21世紀HC経営研究会座長(2000‐現在)。慶應義塾大学経済学研究科・商学研究科連携21世紀COEプログラム経営・会計班事業推進担当者(2003‐現在)。専攻計量経営学・企業評価論。著作に『企業評価の視点と手法』中央経済社、1996(義塾賞)など
梅津 光弘
慶應義塾大学商学部助教授。1957年東京都生まれ。1980年慶應義塾大学文学部卒業後、トリニティー神学校修士課程、シカゴロヨラ大学大学院博士課程修了。Ph.D.(哲学博士)。イリノイ大学、シカゴロヨラ大学、ノースウエスタン大学専任講師。日本経営倫理学会常務理事、経営倫理実践研究センター先任研究員、日本公益学会理事、技術倫理協議会委員、東京電力企業倫理委員。専攻応用倫理学・企業倫理学・経営社会政策論(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ