pagetop

本 総合政策学 問題発見・解決の方法と実践

ほしい!に追加 twitter
本-総合政策学 問題発見・解決の方法と実践
著者: 大江守之 (編)
定価 ¥2,160(税込)
BOOKFANポイント: 100 pt
or
Tポイント: 60 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 慶応義塾大学出版会
発行年月 2006年 02月
ISBNコード 9784766412345
版型 --
ページ数 268P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

大江守之 OFF

内容紹介

社会問題の解決にあたっては、政府、非営利組織、民間の企業・個人が協働して取り組む必要性が近年重視されている。
このように多様な主体が関与する課題解決のプロセスを理解するうえでは、「ガバナンス」という概念が一つの軸になる。
「総合政策学」は、問題を発見するとともにその効果的な解決に向けて実践をしてゆく一つの新しい学問である。
社会的現象を事後的に「知る」従来の学問に対して、総合政策学はリアルタイムに「今」を分析し、問題解決の方法をデザインし、そして主体的、能動的に対応する。
こうして得られる「実践知」の学問、それが総合政策学である。
この方法は「ヒューマンセキュリティ」の実現にふさわしいアプローチであり、本書はそれに対する取組みを通じて総合政策学を初めて体系化している。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

第1部 総合政策学の確立に向けて(伝統的「政策」から社会プログラムへ/理論的基礎・研究手法・今後の課題)/第2部 総合政策学の基本的諸側面(ネットワークと総合政策学/ヒューマンセキュリティと総合政策学/問題解決実践と総合政策学―中間支援組織という場の重要性)/第3部 総合政策学の具体的展開(総合政策学による環境ガバナンスの実践―東アジアにおける環境問題と国際政策協調スキームの構築/開発援助政策のマクロ経済学と制度アプローチの融合―総合政策学によるメソッドの提案)

著者情報

大江 守之
慶應義塾大学総合政策学部教授。1975年東京大学理学部卒業。1977年同大学工学部卒業。国立社会保障・人口問題研究所人口構造研究部長などを経て1997年より現職。博士(工学)。文部科学省21世紀COEプログラム「日本・アジアにおける総合政策学の先導拠点」リーダー(2003‐2005年度)

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ