pagetop

本 ケータイ研究の最前線

ほしい!に追加 twitter
本-ケータイ研究の最前線
著者: 日本記号学会 (編)
定価 ¥3,024(税込)
BOOKFANポイント: 140 pt
or
Tポイント: 84 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 慶応義塾大学出版会
シリーズ名 新記号論叢書〈セミオトポス〉 2
発行年月 2005年 12月
ISBNコード 9784766412260
版型 --
ページ数 253P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

日本記号学会 OFF

内容紹介

「パソコン通信からケータイへ―ネット・コミュニティの変貌」(大澤真幸・山川隆、他)からはじまり、マクルーハン理論を応用したケータイ論、ケータイの起源を19世紀の箱形カメラにみるE.フータモの「モバイル・メディアの考古学」、テレビ電話はなぜ駄目なのかを説明する認知科学的考察、2006年開始予定の民放キー局のケータイテレビ放送(ワンセグ)についての論考など、多彩なケータイ論を凝縮した一冊。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

1 モバイル・フューチャー(パソコン通信からケータイへ―ネット・コミュニティの変貌/ケータイとTV―通信と放送の融合をめぐって ほか)/2 ケータイ研究カレイドスコープ(モバイルメディアの考古学/日本、韓国、米国のケータイ事情 ほか)/3 ケータイとマクルーハン(マクルーハンとケータイ/ケータイのテトラッド ほか)/4 記号論の諸層(他者の表象と自己の再構築―『ラストサムライ』(二〇〇三)における「日本人」の映像と「アメリカ人」の再構築/規範譜としてのラバン舞踊記譜法の構想とその展開)

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ