pagetop

本 英国におけるエンブレムの伝統 ルネサンス視覚文化の一面

ほしい!に追加 twitter
本-英国におけるエンブレムの伝統 ルネサンス視覚文化の一面
著者: カール・ヨーゼフ・ヘルトゲン (著)
川井万里子 (訳)
松田美作子 (訳)
定価 ¥4,320(税込)
BOOKFANポイント: 200 pt
or
Tポイント: 120 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)

商品情報

出版社名
慶応義塾大学出版会
発行年月
2005年 09月
ISBNコード
9784766411850
版型
--
ページ数
313P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ
0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

カール・ヨーゼフ・ヘルトゲン OFF
川井万里子 OFF
松田美作子 OFF

内容紹介

宗教的エンブレム研究の第一人者ヘルトゲン博士による“Aspects of the Emblem”の本邦初訳。
文学・美術・装飾に多彩な影響を与えたエンブレムを通じて16~19世紀における英国の文化理解に新たな局面を切り開く。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

第1章 クォールズの『エンブレム集』とディヴォージョン/第2章 ダンの「別離―悲しまないで」とヘイ卿のインプレーサ/第3章 エンブレム表現を用いたタイトル・ページと死者の真鍮記念板(ブラス)/第4章 ヴィクトリア朝時代におけるエンブレムの再興

著者情報

カール・ヨーゼフ・ヘルトゲン
1927年生まれ。エルランゲン・ニュルンベルク大学名誉教授(英文学)。ケンブリッジ大学クレア・ホールおよびオックスフォード大学リナクル・コレッジ客員教授。ルネサンス文学および文化、特に宗教的エンブレム研究の第一人者
川井 万里子
1938年生まれ。東京女子大学文学部卒、東京都立大学大学院人文学部英文科修士卒。現在、東京経済大学経済学部教授。専門はエリザベス朝演劇研究
松田 美作子
1958年生まれ。国際基督教大学教養学部卒。日本女子大学大学院文学研究科博士課程満期修了退学。英国ウェールズ大学大学院卒(M.Phil)。現在、成城大学文芸学部助教授。専門はルネサンス英文学、エンブレム研究。Society for Emblem Studies日本支部代表

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
大量一括注文窓口はこちら!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
特集一覧へ
ジャンルランキング

人文・社会のランキング

病気がみえる vol.11

医療情報科学研究所(編集)


看護師国試必修問題完全予想550問 2018

看護師国家試験対策プロジェクト(編集)


QUESTION BANK総合内科専門医試験予想問題集 vol.2

医療情報科学研究所(編集)


ランキング一覧へ